読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

そとのせかいには、なにがあるんだろう。

こんにちは。ひっそり『いわしのうた』を作った、ゆきんこです。

タイトルは、大好きな椎名林檎さんの『りんごのうた』から拝借した…かと思いきや、違います。

身内にしか聴かせていませんが、「癒される」とたいへん喜ばれまして、感謝感激ザザ降りザザ鳴り。

 

そして今日はサワラさんが、なんだかミゾミゾしています。

 

f:id:teshico17:20170215173515j:image

サワラ「……」

 

私「サワラさん?どうしたんですか?」

 

f:id:teshico17:20170215173627j:image

サワラ「外に行きたいのよ。」

 

私「えっ!サワラさん、うちの居心地は悪いですか?ちゃんと改善するんで、何でも仰って下さい」

 

f:id:teshico17:20170215173803j:image

サワラ「違うのよ。自動餌やり湯たんぽは、まぁ良くやってくれてるわ。ムシャクシャした時に好きなだけ引っ掻いても怒らないし」 

 

私「あ、ありがとうございます…?」

 

f:id:teshico17:20170215174321j:image

いわし「そとのせかいには、なにがあるんだろう。」

 

f:id:teshico17:20170215174434j:image

 いわし「あたらしいであいが、あるかもしれない。」

 

私「サワラ姐さんがいるじゃないですか。確かに気の強さでは敵わないけど、一応女の子ですよ」

 

f:id:teshico17:20170215174716j:image

サワラ「それってどういう意味よ」

 

私「す、すみません…」

 

f:id:teshico17:20170215174852j:image

いわし「ぴちぴちの、ぎゃるがいるかもしれない。」

 

f:id:teshico17:20170215175107j:image

いわし「もっとおもしろい、おもちゃがあるかもしれない。」

 

f:id:teshico17:20170215175459j:image

 いわし「もっとうまいさけもってこぉい、って、いえるかもしれない。」

 

私「いわしさん、それお水ですよ。いつもそこから飲んで下さいね。人間のコップじゃなくて」

 

f:id:teshico17:20170215175021j:image

いわし「のーべるしょうだって、とれるかもしれない。」

 

私「いわしさん、その人はまだノーベル賞取ってませんよ」

 

f:id:teshico17:20170215175946j:image

サワラ「さっきから聞いていれば、かもしれないかもしれないって、アンタは《かもしれない運転》にも出てこないような呆れた妄想ばっかりね」

 

私「サワラさん…車の免許も持ってるんですか…そして更新までしてるんですか…」

 

 f:id:teshico17:20170215180601j:image

サワラ「私は元々外にいたから、外のことなら大抵分かるわよ。広いところで沢山遊べるのは楽しいけど、ご飯もあるか分からないし、冬は寒いし夏は暑いし、人間にいじめられることもあるわ」

 

f:id:teshico17:20170215180725j:image

いわし「よし。なんぱをするときの、きめぜりふをかんがえようとおもう。」

 

f:id:teshico17:20170215180809j:image

サワラ「せっかく話してやったのに、コイツやっぱり話を聞かないわね。バリバリの刑にしてやろうかしら」

 

私「サワラさん、お願いだからやめてください。いわしはちょっと空気が読めないだけなんですよ」

 

f:id:teshico17:20170215181007j:image

いわし「へーいかのじょ。ぼくといっしょに、ざぎんでしーすーはどう?」

 

 f:id:teshico17:20170215181120j:image

サワラ「そうね。バカは放っておくのが一番だわ」

 

 バカと言う割には、色んな言葉を知っているいわしですが…

そしてサワラも気がついていませんが、いわしが遊んでいた本。

その作者さんの違う本から、サワラといわしの名前を拝借いたしました。

 

もしかしたらいわしは、天才の素質があるのかもしれません。

…いや、ないか。

 

ではでは。