読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

くせがすごい。

こんにちは、ゆきんこです。

 

いわしが、気持ち良さそうにねています。

 

f:id:teshico17:20170301054105j:image

いわし「ガリガリっ。ガリガリガリっ。」

 

私「…ん?いわしさん、歯ぎしりしてますね」

 

f:id:teshico17:20170227210333j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽのクセがうつったんじゃないの?毎日一緒に寝ているでしょ。よく、親のクセがうつるっていうじゃない」

 

私「……。あ、だから、いわしは寝ながら喋るんですかねぇ」

 

f:id:teshico17:20170227210527j:image

サワラ「きっとそうよ。自動餌やり湯たんぽは、寝ながらすごい喋るし、すごい笑ってるわよ。」

 

私「…らしいですね。この前、イビキのお兄さんに録音されました…。でも、サワラさんはイビキのお兄さんと一緒の部屋で寝ているのに、イビキをかかないですね?」

 

f:id:teshico17:20170227210737j:image

サワラ「私は、人に影響されないもの」

 

私「あぁ、なるほど。サワラさんが言うと、説得力がありますね」

 

f:id:teshico17:20170227210840j:image

いわし「たぴおか…たぴおかたべたい…」

 

私「…いわしさん?それ、私が言っていたという寝言ですよね?あと、その格好はどうなってるんですか?」

 

f:id:teshico17:20170227212718j:image

いわし「しすこんめがねは…たぴおかが、きらい。そういうかおをしてる。」

 

私「わー。わー。もう嫌だ。いわしさん、やめて下さい。そして弟は、タピオカが好きです」

 

f:id:teshico17:20170227210941j:image

いわし「さいがいさーん、さいがいさーん。あれ、いない。」

 

f:id:teshico17:20170227211010j:image

いわし「ぴんぽんぱんぽーん。さいたまけんよりおこしの、さいがいさん。いますぐ、まいごせんたーに、こい。」

 

私「わー。恥ずかしくて死んでしまいたい。録音されてたやつと、全部同じです。もちろん、シスコンメガネとか災害とかいう呼び方はしませんけど」

 

f:id:teshico17:20170227211523j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽ、アンタどんな夢見てたのよ。しかもここは埼玉県じゃなくて、ギリギリ東京都でしょ。ギリギリだけど。あと『今すぐ迷子センターに、来い』って、なんだか誘拐事件みたいよ」

 

私「はい…。自分でも、よく分からないんです…。遊園地にいたような気がするんですよねぇ」

 

f:id:teshico17:20170227213134j:image

いわし「ぐふふふふ。ぐふっ。ぐひひひひひひ。ぐわっはっはっはっはっはっはっ。ぎゃははははははははははははははははははははは。」

 

f:id:teshico17:20170227213506j:image

サワラ「笑い方までそっくりね」

 

私「え、こんな笑い方しませ…ん…?そういえば、この前、自分の笑い声で起きたんですけど…爆笑してました…」

 

f:id:teshico17:20170227213635j:image

サワラ「やっぱり同じじゃない。アンタ寝相が悪いでしょ。アイツが変なポーズで寝るのも、アンタの影響なんじゃないの」

 

私「いやいや、寝相は確かに悪いですけど、あんな変な踊りはしませんってば…多分。」

 

f:id:teshico17:20170227214222j:image

いわし「また、ねていたようだ。」

 

私「いわしさん、おはようございます。今日は随分長く寝ていましたね」

 

f:id:teshico17:20170227214405j:image

いわし「みんなで、ゆうえんちにいった。たぴおかをたべて、さいがいが、まいごになった。」

 

私「はい。全部知っています。」

 

f:id:teshico17:20170227214934j:image

いわし「あれ、なぜだろうか。ばれるようそは、なかったはずだ。」

 

f:id:teshico17:20170227215039j:image

サワラ「むしろ、バレる要素しかなかったわよ。あぁ、親子揃ってバカばっかり」

 

私「サワラさんも、同じ家族ですよ。『一緒にしないで頂戴』とか言ってもダメですよ。サワラさんは、立派なうちの子です」

 

 

自分の寝相の悪さは自覚していましたが、自分の子にうつってしまうのは、ちょっと微妙なものだなぁ、と思うのでした。

 

ではでは。