読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

ぼくは、げいのうじんになりたい

こんにちは。

いわしに叩き起こされた、ゆきんこです。

 

f:id:teshico17:20170220132637j:image

いわし「ふるーとを、かってほしい。」

 

私「フルート?音楽はギターをやるって言ってたじゃないですか」

 

f:id:teshico17:20170220133856j:image

いわし「そしつがあるから、ふるーとをやりなさいって、せんせいにいわれた。」

 

私「先生って誰ですか?まだ学校に行ってないじゃないですか」

 

f:id:teshico17:20170220133336j:image

サワラ「少なくとも私ではないわよ」

 

私「…でしょうね」

 

 f:id:teshico17:20170220133355j:image

サワラ「勘違いしないでよね。私だって褒める時は褒めるのよ。ただこの家に、褒めるに値する人材がいないだけよ」

 

私「…ですよね」

 

f:id:teshico17:20170220133701j:image

いわし「あっ、ちょっとしっぱいした。」

 

f:id:teshico17:20170220133807j:image

サワラ「ほらご覧なさい、アイツにフルートなんて出来やしないわよ」

 

f:id:teshico17:20170220133931j:image

いわし「こうだったかもしれない。」 

 

私「なんか違う気がしますよ。口をすぼめるんですよ」

 

f:id:teshico17:20170220134050j:image

いわし「よし、これでいこう。」

 

f:id:teshico17:20170220132813j:image

いわし「へいへい、ぶきーなむなさわぎ〜ちょべりべりさいこうひっぴはっぴしぇいく」

 

私「…なんでフルートなのにSMAPなんですか?」

 

f:id:teshico17:20170220134544j:image

サワラ「コイツにクラシックなんて分かるわけないじゃない」

 

私「そもそも、私が詳しくないですからね。イビキのお兄さんに教えてもらいますか」

 

f:id:teshico17:20170220134733j:image

サワラ「災害だって、どうせよく分かっていないわよ」

 

私「…その呼び方、なんとかなりませんか?」

 

f:id:teshico17:20170220134823j:image

いわし「じぶん、ふるーとかいのきむたくとよばれています。」

 

私「フルート界のキムタク?いわしさん、きみは…」

 

f:id:teshico17:20170220135112j:image

サワラ「アンタ、調子に乗ってるんじゃないわよ。アンタはね、変な言動と子猫ってだけで可愛い可愛い言われてるだけよ。」

 

私「サワラさんだって可愛いですよ」

 

f:id:teshico17:20170220135342j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽは黙りなさい。

前にいた蒼ちゃんは、本当に美人だったわ。滝川クリステルみたいにね。

でもアンタは違うわ。キムタクでもディーン・フジオカでもないわよ。」

 

f:id:teshico17:20170220135701j:image

いわし「ぼくは、だれににてるんだろう。」

 

 f:id:teshico17:20170220135802j:image

サワラ「…そうね。笑い飯の西田か、サンドウィッチマンの富澤ってところかしら」

 

私「お笑い芸人ですか?そしたらもっと、狩野英孝さんとか、ジャングルポケットの太田さんとか、シソンヌのじろうさんとか、そういう方々にしてくれても…」

 

f:id:teshico17:20170220140533j:image

サワラ「アンタの好みも、微妙なラインをついてくるわね」

 

f:id:teshico17:20170220140750j:image

いわし「ふるーとのまえに、もてるれんしゅうをする。」

 

f:id:teshico17:20170220152004j:image

サワラ「ほんとイライラするわ。バリバリバリバリバリバリバリバリ」

 

 

 

個人的には、サワラも可愛いし、いわしもイケメンなんですけど…

 

それがきっと親バカってやつなんですね。

 

ではでは。