読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

そうだ、ねこになろう。

こんにちは、ゆきんこです。

 

今日は、いわしが忙しそうに走り回っています。

 

f:id:teshico17:20170214204757j:image

いわし「いろんなてっぺんを、きわめようとおもう。」

 

私「色んなって、例えば?」

 

f:id:teshico17:20170214204844j:image

いわし「しすこんめがねの、てっぺんをとる。」

 

私「弟のてっぺんを取っても、あんまり意味ないんじゃないんですかね?あと、サワラの悪口がうつってるからやめなさい。」

 

 f:id:teshico17:20170214205209j:image

いわし「いびきのおにいさんの、てっぺんをとる。」

 

f:id:teshico17:20170214205058j:image

サワラ「奴はね、イビキのお兄さんなんて可愛いもんじゃないわよ。あれは、そうね、災害。災害よ」

 

 f:id:teshico17:20170214205024j:image

いわし「さいがいのてっぺんをとった。」

 

私「コラ、悪口はやめなさい。」

 

f:id:teshico17:20170214205350j:image

サワラ「私のことも倒せないくせに、偉そうなこと言うんじゃないわよ。あと、私のご飯中とトイレ中ばっかり狙うのはやめて頂戴。それは卑怯者のする事よ。」

 

f:id:teshico17:20170214205611j:image

いわし「ケーキやさんのてっぺんになるのもいい。」

 

f:id:teshico17:20170214205648j:image

いわし「ケーキがはいっていたかみは、おいしそうだとおもう。」

 

f:id:teshico17:20170214205745j:image

いわし「えびふらいになるのも、いいかもしれない。」

 

f:id:teshico17:20170214205816j:image

サワラ「私は猫のままでいいわ。寝ているだけで、自動餌やり湯たんぽ(ゆきんこ)がご飯と暖かい部屋を用意するんだもの」

 

f:id:teshico17:20170214210055j:image

いわし「そうだ、ねこになろう。」

 

私「えっ?いわしさんは、もともと猫ですよ。」

 

f:id:teshico17:20170214210302j:image

いわし「ねこになって、あたたかいところでたくさんごはんをたべて、いっぱいねむる。」

 

f:id:teshico17:20170214210348j:image

サワラ「…アンタは今までいったい何だったのよ」

 

f:id:teshico17:20170214210645j:image

いわし「いわし。」

 

f:id:teshico17:20170214210730j:image

サワラ「えっ」

 

私「えっ」

 

…あのサワラでさえも言葉を失った訳ですが、いわしはちゃんと自分の事を猫だと認識してくれた…らいいな…と思います。

 

ではでは。