読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

もてるおとこは、つらいよ。

こんにちは、ゆきんこです。

いわしは、今日も元気に学校へ通っています。

 

f:id:teshico17:20170428213704j:image

いわし「きょうも、たくさん、べんきょうしたのである。おだのぶなが、というひとは、とても、かっこいい。」

 

私「あれ、ちゃんとまともに授業を受けているんですね」

 

f:id:teshico17:20170428215310j:image

サワラ「信長なんて、全然スタイリッシュじゃないわよ」

 

私「…サワラさんは、武将に何をお求めなんでしょうか」

 

f:id:teshico17:20170428220009j:image

いわし「せんせい。おだのぶながさんを、ひとことでいうと、ふだん、ばいくを、のりまわして、やすみのひは、ぱちんこに、むちゅうだった、という、はなしですね。」

 

私「えっ?織田信長がバイクを乗り回して、休みの日はパチンコ?」

 

f:id:teshico17:20170428220235j:image

サワラ「あら。それならちょっと、好感が持てるわね」

 

私「サワラさん、そんな男性が好きだったんですか?意外だなぁ」

 

f:id:teshico17:20170428220410j:image

いわし「え?きょう、まなんだのは、せんせいの、れきしについて、である?のぶながは、でできていない?え?もう、げこうのじかん?さっさとかえれ?」

 

私「先生って、しくじり先生なんですかね」

 

f:id:teshico17:20170428220539j:image

いわし「さーくるの、みなのしゅう。きょうは、あるばいとが、あるので、いわしは、おさきに、しつれいする。…え?よねちゃん。なんだろうか?」

 

f:id:teshico17:20170428220711j:image

サワラ「うわ。出たわよ。性悪女のヨネ。私、ああいうタイプの女って本当に嫌いなの」

 

私「サワラさん、偏見は良くないですよ。ヨネさんは嘘の同情でいわしさんの気を引こうとしていましたが、それも恋のせいですよ」

 

f:id:teshico17:20170428221024j:image

いわし「おくじょうに、よびだされたが、なんの、ようじだろうか。『とめちゃんといわしの、でーとだいさくせん』でも、かんがえて、くれるのだろうか。」

 

f:id:teshico17:20170428221117j:image

サワラ「他の女とのデート作戦なんか、ヨネが考えるわけないじゃない。何があるか分からないから、気をつけなさいよ。…って言っても聞こえないわよね」

 

f:id:teshico17:20170428221156j:image

いわし「お。よねちゃんと、じょし4にんが、きた。え?いわしに、いいたい、ことがある?え?よねちゃんと、つきあうのか、つきあわないのか、はっきり、させろ?…じょしその1よ。しゅしが、わからないのだが。」

 

私「これって…、アレですかね?女の子のグループで告白しにくるパターンのやつ」

 

f:id:teshico17:20170428221446j:image

サワラ「こういう子たち、いるわよね。しかも、告白する本人よりも、周りの女子の方がうるさいのよ」

 

f:id:teshico17:20170428221635j:image

いわし「じょしその2、なんであるか?よねちゃんは、きょにゅうだし、ちょーかわいいし、いわしせんぱいには、もったいない?そうであるか。で、なんの、ようじだろうか?」

 

私「…いわしさん、状況がまだ分かっていませんね」

 

f:id:teshico17:20170428222004j:image

サワラ「女子その2、協力したいのかしたくないのか、どっちなのよ」

 

f:id:teshico17:20170428222117j:image

いわし「あ、わかったである。いわしは、てんさいなので。よねちゃんは、たきのしんくんの、ことが、すきなのであろう?よし、よんでこよう。」

 

私「わー、いわしさん、それダメですよ!…あーあ。走るのだけは早いんですよね…」

 

f:id:teshico17:20170428222321j:image

いわし「たきのしんくんを、つれてきたである。え?こいつは、くらいし、ほんばかり、よんでいて、がりべんっぽいのに、てすとのてんすうも、よくない?」

 

f:id:teshico17:20170428222431j:image

サワラ「なんで健康的な男子ばっかりモテるのかしら。本当に謎だわ。滝之進くんは化けるわよ。天才だもの。将来安泰よ」

 

私「そういえば、私が子供の頃好きだったKくんも、ゲーセンのダンスダンスレボリューションが得意で、クラスの女子に『キモい』って言われていました…」

 

f:id:teshico17:20170428222740j:image

サワラ「なんでサッカーが格好よくてダンスダンスレボリューションはキモいのかしら。本当に分からないわ」

 

f:id:teshico17:20170428222946j:image

いわし「あっ。あるばいとの、じかんである。あとは、わかい、みなさんで。では。」

 

私「いわしさん、1つしか学年違わないじゃないですか。あと、この状況で残されたら滝之進くんが可哀想ですよ」

 

f:id:teshico17:20170428223207j:image

いわし「ばばぁー、いわしが、きたである。よびだしを、くらって、おくれてしまった。え?さきに、いわしの、たいむかーどを、きっておいて、くれた?ばばぁも、いいところが、あるではないか。」

 

f:id:teshico17:20170428223316j:image

サワラ「ババァ、いいところだらけじゃない」

 

f:id:teshico17:20170428223412j:image

いわし「いらっしゃいませ。おひとりさまですか?おじかんは?おたばこは、おすいに、なりますか?きしゅは、どれに、いたしましょう?だむ、ですね。では、こちらへ、どうぞ。」

 

私「あれ?いわしさんがアルバイトしているのって、フィットネスクラブですよね?」

 

f:id:teshico17:20170428223644j:image

サワラ「他にもあるみたいだけど、ババァと一緒にバイトしているのはフィットネスクラブのはずよ」

 

f:id:teshico17:20170428223735j:image

いわし「ばばぁ、ちゅうもんである。こーら、あいすてぃーに、がむしろっぷ2つ、じんじゃーはいぼーる、めろんそーだ、を、よういしろ。そして、304ごうしつへ、はこべ。」

 

私「…カラオケ店、ですかね?」

 

f:id:teshico17:20170428224001j:image

サワラ「『きしゅは、だむ』ってよく分からなかったけど、カラオケの機種がDAMってことね。JOYSOUNDとか、選べるのよね」

 

f:id:teshico17:20170428224155j:image

いわし「ばばぁ、ばいとさきを、てんてんとするのも、たのしいものであるな。え?わかいこが、おおくて、ばばぁには、むかない?きこえないのであるが。」

 

私「思いっきり聞こえているじゃないですか。そして野〇々村議員ポーズはやめましょうね」

 

f:id:teshico17:20170428224454j:image

いわし「ただいま、かえりました。がっこうにいって、さーくるに、かおだけだして、あるばいとを、しました。」

 

f:id:teshico17:20170428224631j:image

サワラ「キャンパスライフを謳歌しているようで、何よりよ」

 

f:id:teshico17:20170428224719j:image

いわし「ばばぁを、さそって、あたらしい、ばいとさきに、いってみたが…。やはり、ばばぁには、ばばぁの、あるばいとが、あるらしい。」

 

私「この前みたいな締めはやめて下さいね」

 

f:id:teshico17:20170428224833j:image

いわし「ひとには、ひとの、にゅうさんきん。

ばばぁには、ばばぁの、ばいとさき。

よねちゃんには、しんしの、たきのしんくん。

いわしには、かわいくてやさしい、とめちゃんが、おにあい、という、1にちでした。」

 

f:id:teshico17:20170428224957j:image

サワラ「ヨネちゃんと滝之進くんは不釣り合いだし、乳酸菌とトメちゃんは今回出てきていないわよ」

 

 

いわしは、告白されたと思っていないようです。

滝之進くんは、無事だったのでしょうか。うちのいわしが、迷惑をおかけしてすみません。

毎度ですが、サワラもなんだかんだ言っていわしを心配していて、優しいお姉さんで嬉しいです。

 

ではでは。