読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

しょうらいの、みちを、かんがえる。

こんにちは、ゆきんこです。

いわしが、眠そうにしています。またどこかへ行くのでしょうか。

 

f:id:teshico17:20170424174820j:image

いわし「おかあさん。じぶん、ねむくなってきたきがします。がっこうへ、いっても、いいでしょうか。」

 

私「はい、行ってらっしゃい」

 

f:id:teshico17:20170424175001j:image

サワラ「ねぇ、眠くなったから学校へ行くって、どういう原理なのかしら?」

 

私「確かに。この現実を受け入れすぎているような気がしますね」

 

f:id:teshico17:20170424175233j:image

いわし「あ。せんせい。いわしは、らっぷ、というものを、つくったのだが。え?きさまがつくった、うたなんか、だれの、こころにも、ひびかない?」

 

私「えっと、先生は、いわしさんとお笑いのコンビを組んでいて、鬼教官の役をやっているだけなんですよね」

 

f:id:teshico17:20170424175500j:image

サワラ「でもあのラップは確かに、誰の心にも響きそうにないわよ。韻は踏んでいたけど」

 

f:id:teshico17:20170424175603j:image

いわし「もしかして、せんせい、らっぷ、つくれないんですか?いわしが、おしえてやっても、よいのですよ?」

 

私「小学2年生…もとい猫にラップの作り方を教わるって、どういう気分なんでしょうか」

 

f:id:teshico17:20170424175752j:image

いわし「おにきょうかんもあびきょうかん、このしゅんかん、まさにとめちゃんきょうかん。」

 

私「『きょうかん』だけで3つも単語を使っていますね。トメさんも出てきましたよ」

 

f:id:teshico17:20170424180213j:image

いわし「え?いわしがつくったとは、おもえない?せんせいが、つくったことにして、この、がっこうの、こうかにする?」

 

私「えっ、先生、そんなの校歌にしちゃダメですよ。株が下がりますよ」

 

f:id:teshico17:20170424180535j:image

サワラ「この学校って、まともな人はいないのかしら。トメちゃんは唯一まともだけど、金持ちすぎるのと、まともすぎてズレているし」

 

私「いわしさんに、1600万円もの大金を渡そうとしていましたもんね」

 

f:id:teshico17:20170424180722j:image

いわし「あ。とめちゃん。いま、せんせいと、はなしていたのだが。てんさいの、いわしがつくった、すばらしい、うたを、せんせいが、つくったことにして、こうかに、するらしい。」

 

私「それだけ聞くと、先生が嫌な先生に思えてきますね」

 

f:id:teshico17:20170424181057j:image

いわし「え?いわしくんが、つくったのに、おかしい?ではっ、せんせいと、いわしの、きょうどうせいさく、だぃっ。さっきょくは、せんせいに、おねげぇしますっ。」

 

私「いわしさん、ノリノリですよ」

 

f:id:teshico17:20170424181230j:image

サワラ「見えないけど、きっと先生もノリノリなんじゃないの」

 

f:id:teshico17:20170424182220j:image

いわし「え?とめちゃん、なんだろうか?こうかは、とめちゃんの、ひいおじいちゃんが、つくった?それは、すごい。いわしうぃずせんせいでは、かないそうも、ない。」

 

f:id:teshico17:20170424182404j:image

サワラ「トメちゃんのひいおじいちゃんって、校歌を作るようなすごい人だったのね」

 

私「あのー、個人的には、『いわしwith先生』というのが気になります」

 

f:id:teshico17:20170424182523j:image

いわし「では、せんせい。そつぎょうしきで、うたう、というのは、どうでしょうか。せいさくきかん、やく6ねん。おんぞんされた、すばらしい、がっきょくです。」

 

私「え?卒業式で?ラップを?歌に温存とか関係あるんでしょうか」

 

f:id:teshico17:20170424182651j:image

いわし「え?いわしにしては、いい、かんがえじゃないか?そのあん、さいようだ?…ところで、せんせい、ぼくは、ずっと、せんせいの、くらすなんでしょうか。」

 

私「…あ。学年が変わるとか変わらないとか言っていましたよね」

 

f:id:teshico17:20170424182842j:image

サワラ「…アイツが卒業する時、人間年齢で何歳くらいなの?」

 

私「えっと…64歳…ですね…」

 

f:id:teshico17:20170424183042j:image

いわし「そんなことは、いま、かんがえなくて、いい?いま、じゅうようなのは、かしの、つづきである?」

 

f:id:teshico17:20170424183115j:image

サワラ「ちょっと、先生。そこ重要ポイントよ」

 

f:id:teshico17:20170424183141j:image

いわし「このがっこうも、ここでおわかれ。ただいっしょうのおわかれ、ではないわかれ。」

 

私「最後の部分は、『分かれ』という命令形でいいんですよね?」

 

f:id:teshico17:20170424183404j:image

サワラ「アイツ、ひらがな以外もしゃべらないかしら。ラップだと特に分かりづらいのよ」

 

f:id:teshico17:20170424183503j:image

いわし「ぼくらここでまなび、ここであそび、まどをこわし、かべにらくがき、おもいでぶかし、このまなびや。」

 

私「窓を壊したり、壁にラクガキしたりしたらいけませんよ」

 

f:id:teshico17:20170424183710j:image

サワラ「『この学び舎』って言っているけど、学ぶために行っていないわよね」

 

f:id:teshico17:20170424183807j:image

いわし「こんなよるは、おどりあかすぜ。せんこーもこうちょうも、だまくらかすぜ。おれらそつぎょう、いわいのしーずん、いわしのしーずん、は、あきふゆ、だぜ。」

 

f:id:teshico17:20170424184037j:image

サワラ「イワシって1年中スーパーに売っていると思っていたわ」

 

私「今はスーパーに何でもありますからね。一応、シーズンは秋から冬なんですよ」

 

f:id:teshico17:20170424184150j:image

いわし「ただいま、かえりました。いわしは、せんせいと、そつぎょうしきで、うたう、うたを、つくっていました。こんしんの、りきさく、です。」

 

私「えっと、それは、ラップですかね?」

 

f:id:teshico17:20170424184250j:image

いわし「なにか、もんだいでも?」

 

f:id:teshico17:20170424184321j:image

サワラ「問題大アリよ。小学生が揃ってラップを歌えるわけないでしょう。まだDragonAshのFANTASISTAの方が現実的だわ。『oh〜』の部分があるもの」

 

f:id:teshico17:20170424184550j:image

いわし「しょうがくせいには、どらごんあっしゅ。ちゅうがくせいには、えっくすじゃぱん。こうこうせいには、だんご3きょうだい。

それぞれの、ねんれいにあった、うたが、あるという、はなしですね。」

 

私「あのー、締め方は合っているんですが、選曲が間違っていますよ」

 

 

いわしは、作詞家の道へ進むのでしょうか。

親として、応援してあげなければいけないと思います。

サワラさんも、よろしくお願いします。

 

ではでは。