読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

【不定期】いわしニュース〜速水もこみちさん、幼少期のおやつにツッコミ殺到〜

おはようございます、ゆきんこです。

今日は、またいわしが変な料理を始めようとしています。

 

f:id:teshico17:20170417185135j:image

いわし「おかあさん。これから、でざーとを、つくるので、かいだしを、おねがいします。」

 

私「え?デザートですか?…とりあえず聞きましょう。何を買ってくればいいんですか?」

 

f:id:teshico17:20170417185305j:image

いわし「まず、あぼかど。あとは、いちご。あと、しりある。あと、はちみつ、です。」

 

私「ハチミツは家にありますね。…え?アボカドとイチゴとシリアル?また変な料理を始める気ですか?」

 

f:id:teshico17:20170417185543j:image

いわし「おかあさんは、しゃれおつな、でざーとを、ぜんぜん、わかっていない。これは、いわしの、だいすきな、はやみもこみちさんが、つくった、でざーとなのである。」

 

f:id:teshico17:20170417185647j:image

サワラ「えっ、もこみちがまた何かオシャレすぎて意味の分からない料理を作ったの?見せて頂戴」

 

私「2人とも、速水もこみちさんが大好きなんですね。…好きの意味が全然違うようですが」

 

f:id:teshico17:20170417185803j:image

サワラ「ちょっと、なにこれ。笑いが止まらないわ。もこみちったら、『アボカド大使』として、さっきのデザートを披露したんですって」

 

私「そうなんですか。…彼は、アボカド大使だったんですね。…私はよく、アボカドを漬け丼に使いますけど」

 

f:id:teshico17:20170417190033j:image

いわし「もこみちさんは、こどものころから、おやつとして、あぼかどを、たべていたらしい。けんこうにも、びようにも、いい、と。」

 

f:id:teshico17:20170417190132j:image

サワラ「ププっ。小学校から帰ってきて、アボカドをおやつとして食べるなんて…聞いたことがないわよ…あぁ笑いが止まらないわ」

 

私「そうですね。普通は、クッキーとかチョコとか、おせんべいとか…ですよね」

 

f:id:teshico17:20170417190314j:image

いわし「では、おかあさんは、おやつで、あぼかどを、たべなかったのだろうか?」

 

私「…うちは、アボカドどころか、クッキーやチョコも滅多に食べられませんでしたよ。…何故かって?おやつが、いつもスルメだったからですよ」

 

f:id:teshico17:20170417190422j:image

サワラ「ぎゃはははは。かたや、おやつがアボカドの小学生。かたや、おやつがスルメオンリーの小学生。…大違いだわ!」

 

私「サワラさん。そんなに笑わないでください。スルメは美味しいですし、よく噛むから脳に良いんですけどね…やっぱり、普通のおやつも食べたかったです」

 

f:id:teshico17:20170417190650j:image

いわし「では、これから、あぼかどを、まいにち、たべると、よい。」

 

私「お金がかかるから、毎日は無理ですよ」

 

f:id:teshico17:20170417190736j:image

サワラ「ぎゅふふふふ。毎日スルメって…あ、自動餌やり湯たんぽのお母さん、そういえばスルメが大大大好きだったわね。私にもくれたわ」

 

私「そのせいで、スルメを開けると必ずサワラさんが来て奪っていくようになったんですね…」

 

f:id:teshico17:20170417190931j:image

いわし「はなしが、それてしまいましたが、もこみちさんは、おやつが、あぼかどだったことを、ねっとで、いじられています。これも、おしゃれな、ひとの、しゅくめいですね。」

 

私「オリーブオイルに続いて、今度はアボカドですか。もこみちさんらしいですね。…ほら、サワラさん。しゃんとして下さいな」

 

 

サワラ姐さんまで大笑いしてしまうニュースでした。…半分は、うちの親のせいですが…。

冒頭で、変な料理とか言ってしまってすみません。

てっきり、いわしの創作料理かと思ってしまったので…。

 

ではまた、お昼の定期更新でお会いしましょう。