読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

あたらしいおもちゃがほしい。

こんにちは、ゆきんこです。

 

いわしが、見てはいけないものを見つけてしまいました。

 

f:id:teshico17:20170221132304j:image

いわし「おや。これはなんだろうか。」

 

私(サワラさんの猫缶だ…やばい)

 

f:id:teshico17:20170221132411j:image

いわし「あたらしい、おもちゃかもしれない。」

 

f:id:teshico17:20170221132433j:image

いわし「それとも、あらてのすたんどつかいかもしれない。」

 

私「新手のスタンド使いって…うちにあるマンガ読んだんですか?…もしかしていわしさんもスタンド…」

 

f:id:teshico17:20170221132648j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽ、アンタが現実逃避してどうするのよ」

 

私「あ、すみません…ちょっと気が動転して…」

 

f:id:teshico17:20170221132758j:image

サワラ「私は、隠し事をするつもりがないからきちんと言うわ。アンタ今起きてるわよね?」

いわし「おきてはいるけど、ひもがからまっていて、うごけません。」

 

f:id:teshico17:20170221132936j:image

 サワラ「そのオモチャ…最初に見た時は真ん丸だったけど…私が遊ぶ前に破壊したわね」

いわし「さいこうに、はいってやつだぁ!」

 

私「サワラさん、そのオモチャ、中にまたたびが入ってるらしいんですよ。いわしは酔っ払ってるんだと思います」

 

f:id:teshico17:20170221133312j:image

サワラ「ちょっと、コイツ首しまってるんじゃない?」

いわし「いえす!いえす!いえす!」 

 

私「どれどれ、取ってあげますか。でもサワラさん、例の件は内緒でお願いしますよ」

 

f:id:teshico17:20170221133455j:image

サワラ「例の件って、この件のことかしら?」

 

私「そう、その件です。いわしにバレたら、いわしも欲しがるじゃないですか。いわしにもあげたら、サワラさんにだけ特別にあげているのに、特別じゃなくなりますよ」

 

 f:id:teshico17:20170221133636j:image

サワラ「…そうね。特別っていう響きはすごく好きよ。黙っていてあげるわ」

 

私「ありがとうございます」

 

f:id:teshico17:20170221133808j:image

いわし「あのー、さっき、これをはっけんしたんですが、これはなんでしょうか。」

 

私「あっ…」

 

 f:id:teshico17:20170221144755j:image

いわし「ころがすのもたのしいけど、どうやったらもっとたのしくなるのか、しりたい。」

 

私「こ、これは、オモチャじゃありません。に、人間の食べ物ですよ。だだだ、だからキッチンにあったでしょう?い、いわしさんは、たたた、食べることができないんです」

 

f:id:teshico17:20170221145406j:image

いわし「では、きっちんにも、おもちゃをおいてほしい。」

 

私「…き、キッチンで遊ぶと危ないですから、オモチャは置きませんよ」

 

f:id:teshico17:20170221150214j:image

いわし「しかたない。このおもちゃを、はかいしよう。」

 

いわしは今まで缶詰を食べたことがないので、すぐに分かってくれましたが…。

今後、缶詰の事を知ってしまったら…

 

想像したくもないので、ちょっと眠って忘れようと思います。

 

ではでは。