読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

ちきゅうがおわったら、どうしよう

こんにちは、ゆきんこです。

 

何やらいわしが、考え事をしているようです。

 

f:id:teshico17:20170218000051j:image

いわし「どうしたものだろうか。」

 

私「何かあったんですか?」

 

f:id:teshico17:20170218000208j:image

サワラ「放っておきなさい。どうせたいしたことじゃないわよ」

 

f:id:teshico17:20170218000302j:image

いわし「ちきゅうがめつぼうするとき、そのまえになにをたべよう。」

 

私「地球の滅亡ですか…。私は餃子が食べたいですね」

 

f:id:teshico17:20170218000620j:image

サワラ「私は、フライドチキンが食べたいわ」

 

f:id:teshico17:20170218000707j:image

いわし「どれもおいしそうだ。とてもまよう。」

 

私「でもいわしさん、今食べてる猫のご飯しか、食べたことないんじゃないですか?サワラ姐さんは、たまに人のご飯をかっさらっていきますけど」

 

f:id:teshico17:20170218000820j:image

いわし「だいたいのものは、そうぞうしてあじがわかる。」

 

私「想像して分かるんですか?それはすごい能力ですね」

 

f:id:teshico17:20170218184233j:image

サワラ「食べなきゃ味なんて分からないじゃない。あ、あとケーキも食べたいわ。クリーム多めで」

 

f:id:teshico17:20170218184353j:image

いわし「けーきは、このまえみたからわかる。」

 

私「ケーキはどんな味ですか?」

 

f:id:teshico17:20170218184634j:image

いわし「あじのほうせきばこやー。」

 

私「…それ、彦〇呂さんの食レポですよね?その言葉だけじゃ、さすがにどんな味か分かりませんよ」

 

f:id:teshico17:20170218190011j:image

いわし「うーん。うーん。とにかく、とてつもなくおいしい。」

 

f:id:teshico17:20170218185826j:image

サワラ「アンタ、ちょっとそこに座りなさい」

いわし「はい。」

 

f:id:teshico17:20170218190206j:image

サワラ「私はケーキが大好きよ。甘くてフワフワで、すっごく美味しいの。アンタには絶対やらないわよ」

 

 f:id:teshico17:20170218190255j:image

いわし「けーきはあまいのか。しおからくて、かたいとおもっていた。」

 

私「ケーキの味は覚えなくていいですからね。あと、塩辛くて硬かったら、それは美味しくないと思いますよ」

 

f:id:teshico17:20170218190943j:image

いわし「ちきゅうがめつぼうするまえのひは、けーきをたべよう。そしてめつぼうしたら、けーきにうまれかわろう。」

 

 f:id:teshico17:20170218191052j:image

サワラ「ケーキに生まれ変わったら、食べられて即おしまいじゃない。本当にバカの極みね」

 

私「サワラ姐さん、よく幼稚園児たちが、『しょうらいのゆめ:ケーキになりたい』とか言ってるじゃないですか。いわしも同じで、まだまだ子供なんですよ」

 

f:id:teshico17:20170218191555j:image

サワラ「コイツは一生このままよ」

 

…そうかもしれないな、と思ったけど、口には出せないですね。

 

健康でいてくれるのが一番だと思う、今日この頃です。

 

ではでは。