読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

もしもぴあのがひけたなら

こんにちは、ゆきんこです。

 

今日はいわしが、目をキラキラさせています。

 

f:id:teshico17:20170216210531j:image

いわし「もしもーぴあのがーひーけーたーならー」

 

私「いわしさん、ずいぶん古い歌を知ってるんですね。名曲ですね」

 

f:id:teshico17:20170216234513j:image

サワラ「ピアノが弾けたら、いったいどうするのよ」

 

f:id:teshico17:20170216235725j:image

いわし「たけもとぴあのの、しーえむにでる。」

 

私「確かにあのCMには猫が出てますけど、ピアノは弾いてませんよ。それに、なんで竹本ピアノなんですか?」 

 

f:id:teshico17:20170217014140j:image

いわし「あのせんすには、だつぼうする。」

 

私「脱帽というよりも、脱力感が漂ってますね」

 

f:id:teshico17:20170217085304j:image

いわし「ぴあのうって、ちょうだい〜。」

 

f:id:teshico17:20170217085536j:image

 サワラ「ああ、何故私はこんな阿呆と暮らすことになってしまったのかしら」

 

私「とか言って、サワラ姐さんも色んな妄想してるんじゃないですか?」

 

 f:id:teshico17:20170217144224j:image

サワラ「人間の食べ物は全部食べたいわ。いつもくれないわよね。ケチ」

 

私「確かに美味しいですけど、猫の体には良くないんですよぅ」

 

f:id:teshico17:20170217141840j:image

いわし「ぴあのがひけたら、おんなのこにもてるきがする。」

 

f:id:teshico17:20170217141933j:image

サワラ「むしろ人間が面白がって取材に来そうね。騒がしいのは嫌だからやめて頂戴。私は静かに暮らしたいの」

 

私「女の子にモテるんだったら、バンドの方がいいんじゃないですか?うちにはギターが3本もありますし、イビキのお兄さんは昔バンドをやっていたんですよ」

 

f:id:teshico17:20170217142212j:image

サワラ「災害が?モテそうには見えないけど」

 

私「…そういうことは、思っても口にしてはいけませんよ」

 

f:id:teshico17:20170217142418j:image

いわし「れんしゅうして、ぎたーをやる。」

 

f:id:teshico17:20170217142525j:image

いわし「さいんのれんしゅうも、しなきゃいけない。」

 

f:id:teshico17:20170217142642j:image

サワラ「毎回毎回、相手にして後悔するのよね。今度は無視してやるわ」

 

私「まぁまぁサワラ姐さん、そう言わずに相手してあげて下さいよ。」

 

f:id:teshico17:20170217143318j:image

サワラ「嫌よ。絶対に嫌」

 

f:id:teshico17:20170217143513j:image

いわし「れんしゅうのあとは、みんなでらーめんをたべる。」

 

f:id:teshico17:20170217143733j:image

サワラ「え?ラーメン?私も行…………あ、無視するんだったわね」 

 

…無視すると言いながら、きっとサワラ姐さんは毎回、いわしの意味不明な言動に反応してしまうのでしょうね。

 

皆で仲良くやっていけたらいいな、と思うのでした。

 

ではでは。