読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

あくのだいまおうとたたかう。

こんにちは。

いわしがサワラと猫の戦争を始めてしまったため寝られない、ゆきんこです。

 

f:id:teshico17:20170217013126j:image

いわし「このよには、あくにはびこるものがいる。」

 

私「悪にはびこる…そんな言葉、どこで覚えたんですか?」

 

f:id:teshico17:20170215232738j:image

いわし「てれびでみたきがする。」

 

私「そんなテレビ、付けてませんよ。…で、いわしさんは、この世の悪をどうするんですか?」

 

 f:id:teshico17:20170216000701j:image

いわし「せいばいする。」

 

私「たのもしいヒーローですね」

 

f:id:teshico17:20170215233338j:image

いわし「まずは、はむはむせいからきた、はむすたーのかいじゅうをたおす。こいつのなは、はむすめんとという。」

 

私「あっ、それ、私が気に入ってるぬいぐるみです…。ハムスメント?なんだか会社で訴えられそうな名前ですね。」

 

f:id:teshico17:20170215233516j:image

いわし「どどどどど」

 

私「いわしさん、それカタカナの方がそれっぽい効果音になるんじゃないですか?」

 

f:id:teshico17:20170215233640j:image

いわし「はむすめんとを、ぼこぼこにした。」

 

私「…ごめん。あとで助けにくるからね」

 

f:id:teshico17:20170215234253j:image

いわし「こいつは、あくのそしきのなかでもいちばんわるい、ぶらっくきぎょうのしゃちょうだ。なは、さいきょうやきという。」

 

サワラ「え、こいつ、もう厨二病になったわけ?早すぎじゃないの?」

 

私「黒猫だからブラック企業で、サワラだから西京焼きとは…いわしさん、よく考えましたね」

 

f:id:teshico17:20170215234721j:image

いわし「よし、すとーぶのまえできもちよさそうにしてるところをねらうことにする。」

 

f:id:teshico17:20170215234929j:image

サワラ「私にそんな隙があると思って?100年早いのよ」

 

 f:id:teshico17:20170215235305j:image

いわし「そしてひゃくねんご。」

 

f:id:teshico17:20170215235207j:image

サワラ「アンタまた来たのね。っていうか1分も経ってないじゃない」

 

 f:id:teshico17:20170215233039j:image

いわし「おらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらぁ。」

 

私「いわしさん、やっぱりひらがなだと、それっぽい感が出ませんよ…」

 

f:id:teshico17:20170215235449j:image

いわし「さいきょうやきは、くろのかたまりになった。せかいにへいわがもどった。」

 

f:id:teshico17:20170215234253j:image

サワラ「いくら私に勝てないからって、妄想の中で勝手に私を倒すんじゃないわよ。あとで裏に来なさい」

 

私「サワラさん、裏ってどこですか?それに、子猫なので、痛くしないでやってくださいね」

 

f:id:teshico17:20170215235944j:image

サワラ「ふん、仕方ないわね」

 

f:id:teshico17:20170216000038j:image

いわし「さいきょうやきは、さいきょうだった。」

 

私「あ、最強っていうのもかけてたんですね。いわしさんすごいじゃないですか」

 

f:id:teshico17:20170216000143j:image

いわし「つぎは、もっとたくさん、わるものをたおす。」

 

 

いわしに正義感が生まれてくれたのは嬉しいですけど、くれぐれもケンカで乱闘にならないよう、毎日見守ってなきゃですね。

 

それでは。