読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

てんかを、とる。

こんにちは、ゆきんこです。

いわしはキメ顔が好きなようです。

 

f:id:teshico17:20170504192201j:image

いわし「おかあさん。みてください。いわしのかお、きまってますよ。」

 

f:id:teshico17:20170504192246j:image

サワラ「それを『キマってる』っていう言い方をするなら、どんな動物もすぐにキメられるわよ」

いわし「サワラ姐さん、これも、きめがお、ですよ。」

 

私「サワラさん。それ、なんだか違う表現に見えますよ。…いわしさん、それいつもと同じ顔ですよ」

 

f:id:teshico17:20170504204652j:image

いわし「はぁ。おかあさんは、ごーるでんうぃーくなのに、どこにも、つれていって、くれません。こどもをおいて、でかける、わるいおやです。」

 

私「う…。でも、いわしさん達を連れ回すのは、ちょっとなぁ…。ちゃんと、日帰りで帰ってきているじゃないですか」

 

f:id:teshico17:20170504204841j:image

サワラ「そんなに暇なら、トメちゃんの家でも行ってきたら?」

 

f:id:teshico17:20170504204928j:image

いわし「あいやー。とめちゃんは、かぞくで、ぶーたん、という、くにに、いっている。」

 

私「へぇぇ、ブータンですか。国民幸福度が97%の、幸福の国ですよね。行ってみたいなぁ」

 

f:id:teshico17:20170504205225j:image

 サワラ「…でもなぜか、自殺率が日本とそこまで変わらないのよね。不思議だわ。…ブータンって、旅行に行くと高くつくんでしょう?」

 

f:id:teshico17:20170504205452j:image

いわし「すちゅわーですさんが、きょにゅうで、かわいいんですね。わかります。」

 

私「今は、スチュワーデスじゃなくてキャビンアテンダントですよ。理由も違います」

 

f:id:teshico17:20170504205653j:image

サワラ「私も行った訳じゃないから分からないけど、ガイドの人が付くんですって。そのガイドさんを雇うのが高いらしいわよ」

 

f:id:teshico17:20170504205752j:image

いわし「がいどさんも、さぞかし、きょにゅうで、かわいいのであろう。あ。とめちゃんのいえが、ぜんいん、ふざいなら、とめちゃんのいえの、にわで、あそぼう。」

 

f:id:teshico17:20170504205850j:image

サワラ「それ、不法侵入よ。…でも、トメちゃんちのお庭って、どんなのなのかしら。1度見てみたいわ」

 

f:id:teshico17:20170504205947j:image

いわし「あ、じぶん、しゃしんを、とってきました。おかあさんの、けいたいが、おちていたので。」

 

私「えっ、いつの間に。…でも、見せて下さい」

 

f:id:teshico17:20170504210051j:image

いわし「では、ごらんください。こちらが、とめちゃんの、にわです。」

 

f:id:teshico17:20170504210133j:image

 

私「えっ!?ここが、トメさんの家のお庭!?めっちゃ広い公園みたいじゃないですか。…風車的なものもありますね」

 

f:id:teshico17:20170504210218j:image

サワラ「走り回ったら…気持ちよさそうね…」

 

f:id:teshico17:20170504210307j:image

いわし「ぷーるの、しゃしんも、とってきました。」

 

f:id:teshico17:20170504210452j:image

 

私「えっっ!?これ、プールっていうんですか!?池ですよ、池」

 

f:id:teshico17:20170504210533j:image

サワラ「私、水には入りたくないの。…他は?」

 

f:id:teshico17:20170504210559j:image

いわし「うーん。たくさん、あるのだが…10ぷんあるくと、おはなが、ならんでいる。」

 

f:id:teshico17:20170504210725j:image

 

私「え、ばあやは毎日、花にお水をあげるためにどれだけ歩いているんですか?」

 

f:id:teshico17:20170504210814j:image

サワラ「本当に金持ちの家のばあやって、大変なのね。…トメちゃんの家がどれだけすごいか、庭だけで分かったわ」

 

f:id:teshico17:20170504211108j:image

いわし「おかあさん。じぶんもいつか、がんばれば、りっぱなおにわに、すめるでしょうか。」

 

私「あんな立派なお庭に住むには、相当のお金が必要ですね。…頑張って下さい、応援していますから」

 

f:id:teshico17:20170504211210j:image

いわし「ばばぁー。やすみで、ひまだから、ばいとに、きてやったぞー。あれ?ばばぁが、いない。」

 

f:id:teshico17:20170504211239j:image

サワラ「また、急に寝てバイトに行ったわね」

 

私「馬場さんもいないみたいですね」

 

f:id:teshico17:20170504211308j:image

いわし「え?ばばぁのしふとは、へいじつのみ?そうか。あれ?たきのしんくんではないか。え?しすてむえんじにあとして、さいようされた?」

 

私「滝之進さんのシステム、本当にすごかったですもんね」

 

f:id:teshico17:20170504211425j:image

サワラ「フィットネスクラブのシステムエンジニアなんて、勿体ないんじゃないかしら?」

 

f:id:teshico17:20170504211501j:image

いわし「いわしは、じぶんの、しごとを、しよう。うけつけ、である。いらっしゃいませー。かいいんしょうは?ない?では、そこで、もうしこみしょを、かいてください。そこ、とは、どこだ?そこしか、ないでしょう。」

 

私「いわしさん、お客様には愛想よくして下さいね」

 

f:id:teshico17:20170504211643j:image

いわし「うけたまわりました。おなまえは…おだのぶながさん、ですね。あれ?じぶん、このまえ、じゅぎょうで、ならいました。」

 

f:id:teshico17:20170504205653j:image

サワラ「ねぇ、これって、同姓同名の他人よね?まさかのご本人登場じゃないわよね?」

 

私「まさか。織田信長さんは、本能寺の変明智光秀さんに殺されていますよ」

 

f:id:teshico17:20170504211913j:image

いわし「え、ごほんにん?いやぁ、うれしいです。あれですよね。ばいくを、ぶんぶん、のりまわして、きゅうじつは、ぱちんこざんまい、してたんですよね。」

 

私「えっご本人!?いや、いわしさん。それ、織田信長さんじゃなくて担任の先生のしくじりエピソードですよ」

 

f:id:teshico17:20170504212129j:image

いわし「え?ばいくをしらない?ぱちんこも?その、へんなかみがた…。きさま、ほんものではないな。にせものめ。でていけ。」

 

私「あのぅ。ご本人の可能性もありますけどぅ…」

 

f:id:teshico17:20170504212527j:image

いわし「ただいま、かえりました。きょうは、ばいとさきに、おだのぶながの、にせものが、あらわれたので、おいかえしたのである。」

 

f:id:teshico17:20170504212604j:image

サワラ「その偽物って、どんな感じだったのよ」

 

f:id:teshico17:20170504212635j:image

いわし「あたまのてっぺんは、はげているのに、かみを、むすんで、ゆわいていた。ふくも、へんである。かたなをもっていたので、じゅうとうほういはんであろう。」

 

f:id:teshico17:20170504212809j:image

サワラ「せいぜい、これ以上恨まれないように、静かに生活しなさい」

 

 

いわしさんはなんと、戦国武将?にまで会ってしまったようです。

今後、いったいどうなってしまうのでしょう。

 

ではでは。