読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

ちがうくらすに、てんにゅうする。

こんにちは、ゆきんこです。

いわしが学校へ通っている、いつもの日常です。

 

f:id:teshico17:20170504014539j:image

いわし「あ。せんせい。おはようございます。え?もう、5じかんめだ?おまえみたいな、せいとは、みたことがない?」

 

私「いわしさん、今日の朝はサワラ姐さんを追っかけ回していましたからね」

 

f:id:teshico17:20170504014704j:image

サワラ「えぇ、大迷惑よ。私が近寄らないでって合図を出しても、追いかけてくるのよ」

 

f:id:teshico17:20170504014825j:image

いわし「えっ?おまえなんか、とびきゅうより、かくさげだ?これから、1ねんせいの、くらすに、いけ?」

 

私「いわしさん、目が半目ですよ」

 

f:id:teshico17:20170504014954j:image

サワラ「確か、人間年齢に換算すると小2じゃなくなるから、飛び級するって話があったわよね」

 

私「ああ、あの話どうなったんでしょう。でも、格下げですか。頭は良くないですからね」

 

f:id:teshico17:20170504015141j:image

いわし「え?おふれこだが、じつは、たきのしんくんの、たんにんの、ふじこせんせいに、そうだんされた?くらすで、ういているから、なんとかしたい、と?」

 

私「フジコ先生って、ルパン三世のフジコちゃんみたいな先生なんですかね」

 

f:id:teshico17:20170504015316j:image

いわし「せんせい、そういうこと、ですね。ふじこせんせいに、らぶちゅうにゅう、したいのであろう?」

 

f:id:teshico17:20170504015350j:image

サワラ「『ラブ注入』っていうつまらないギャグ、誰だったかしら?」

 

私「楽しんごさんですよ」

 

f:id:teshico17:20170504014803j:image

いわし「1ねん2くみの、みなさん。2ねん4くみからやってきた、いわしです。けむくじゃらですが、なかよく、してください。」

 

私「わー、早速下級生のクラスに突入しましたよ」

 

f:id:teshico17:20170504015702j:image

サワラ「ねぇ、先生も、フジコちゃんから『あの猫みたいな奴をクラスに寄越して』とは言われていないんでしょう?ただ相談されただけよね?」

 

f:id:teshico17:20170504015808j:image

いわし「ふじこせんせい。おっ、かなりの、きょにゅうである。びじんだ。いわしのせきは、どこだろうか?…え?きゅうすぎて、ない?」

 

私「やっぱり巨乳なんですね…」

 

f:id:teshico17:20170504015930j:image

いわし「はい、ふじこせんせい。しばらくは、たきのしんくんの、ひざのうえで、もんだいないだろうか?」

 

f:id:teshico17:20170504020009j:image

サワラ「滝之進くんが、猫を連れてきたみたいな構図になるわよ」

 

f:id:teshico17:20170504020049j:image

いわし「たきのしんくん、よろしくである。これは?ぷらもでる?かっこいい。がんだむは、すごい?もびるすーつ?こんど、うぃきぺでぃあさんに、きいておく。」

 

私「わー。滝之進さん。ただでさえ浮いているのに、オタク感を出したらダメですよ」

 

f:id:teshico17:20170504020237j:image

いわし「あれ?かみが、おちている。たきのしんくん、なんとよむ?じぶん、かんじが、にがてなので。え?『あのねこ、ちょう、くうきよめない。うざい』?じぶんは、いわしであるから、きっと、ほかのねこのことであろう。」

 

f:id:teshico17:20170504020403j:image

サワラ「それ、アンタのことよ」

 

f:id:teshico17:20170504020431j:image

いわし「あのー。じぶん、きょにゅうの、ふじこせんせいに、だかれたいのだが。あれ?みんな、しずかになった。なぜだろうか。」

 

私「いわしさんが巨乳とか抱かれたいとか言うからですよ。周りは人間の子供たちなんですから」

 

f:id:teshico17:20170504020606j:image

いわし「え?もう、もとのくらすへ、かえれ?おにきょうかんに、いじめられるのだが、しかたない。」

 

f:id:teshico17:20170504020704j:image

いわし「みなさん。いわしのことは、きらいになっても、たきのしんくんの、ことは、きらいに、ならないでください。」

 

私「前田敦子さんですかね」

 

f:id:teshico17:20170504020752j:image

いわし「せんせい。うまく、やりましたよ。きっと、ふじこせんせいも、めろめろですよ。『ありがとうせんせい、すきよ』と、なるでしょう。あ、もう、ほうかごですね。」

 

f:id:teshico17:20170504020839j:image

サワラ「ならない気しかしないわね」

 

f:id:teshico17:20170504020948j:image

いわし「あれ。せんせいが、ふじこせんせいに、なぐられている。『あたまおかしいの?あんなねこを、よこすなんて、さいていよ。おかげで、たきのしんくんは、おたくだとおもわれてしまったわ。よけいなことしないで』?」

 

f:id:teshico17:20170504021121j:image

サワラ「ほら見なさいよ」

 

f:id:teshico17:20170504021143j:image

いわし「たきのしんくーん。いっしょに、かえろう。え?きょうは、ありがとう?いやいやぁ。ひざのうえは、すきであるからぁ。」

 

私「何故か滝之進くん、いわしさんに感謝してますよ」

 

f:id:teshico17:20170504021244j:image

いわし「え?くらすの、だんしに、ぷらもでるがすきな、ひとがいて、なかよくなれた?それは、とてもとても、いいことである。いわしも、こんど、いっしょに、やりたい。」

 

f:id:teshico17:20170504021353j:image

サワラ「滝之進くん、友達ができて本当に良かったわ。アイツが余計な事をしたから、いじめられるんじゃないかって不安だったのよ」

 

私「いわしさん、プラモデル作れるかなぁ」

 

f:id:teshico17:20170504021502j:image

いわし「あ。あるばいとを、いっしょに、してみないか?とてもたのしいし、ばばぁもいる。1日たいけん、である。」

 

私「店長さんの許可とか要らないんですか?」

 

f:id:teshico17:20170504021613j:image

いわし「ばばぁー。ともだちを、つれてきた。たきのしんくん、である。え?しすてむがこわれて、ぱそこんが、うごかない?おまかせを。」

 

f:id:teshico17:20170504021707j:image

サワラ「絶対アンタ何もできないわよ」

 

f:id:teshico17:20170504021731j:image

いわし「かたかたかたかた…できました。しすてむを、1からつくりなおして、かなり、べんりに、しました。つかいかたは、こちらです。」

 

私「…これ絶対、滝之進くんの指示ですよね」

 

f:id:teshico17:20170504021847j:image

いわし「え?てんちょうも、おどろきの、しすてむである?せかいじゅうから、しすてむについての、ちゅうもんが、さっとうするかも?…いんぜいは、いわしまで、おねがいします。」

 

f:id:teshico17:20170504022008j:image

サワラ「そういうの、印税って言わないわよ。…それに、滝之進くんにあげたら?」

 

f:id:teshico17:20170504022049j:image

いわし「ただいま、かえりました。いわしには、こんご、ばくだいな、かねが、はいってくる。10おくえんの、しゃっきんも、かんたんに、かえせるであろう。」

 

私「どうせ、またそれで賭け事をするんでしょう」

 

f:id:teshico17:20170504022226j:image

サワラ「で、また負けるわよ」

 

 

なんと、先生は他の先生が好きだったんですね。

でも、いわしさんも滝之進くんも嬉しそうで、何よりです。

賭け事だけは、やめてもらいたいですね。

 

ではでは。