読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

あふれるさいのうを、よにはなつ。

こんにちは、ゆきんこです。

いわしが、何かひらめいたようです。

 

f:id:teshico17:20170423232235j:image

いわし「うむ。きっと、あのてこのてを、つかうより、この、ほうほうは、かくじつである。」

 

私「いわしさん?怖い顔をして、どうしたんですか?また大儲けの事でも考えているんじゃないでしょうね」

 

f:id:teshico17:20170423232419j:image

いわし「ちがうんです、ちがうんですよ。せけんは、そんなことを、もとめているんじゃ、ないんです。よろんに、みみを、かたむけて、ください。」

 

私「…世論?いったい何の話をしているんでしょうか」

 

f:id:teshico17:20170423232528j:image

サワラ「猫になるのを諦めて、政治家にでもなるつもりなんじゃないの?…なれる可能性は0だけど」

 

私「いわしさん、私たちにも分かるように、説明してくれませんか?」

 

f:id:teshico17:20170423233544j:image

いわし「いいでしょう。わからないひとには、せつめい、してあげます。じぶんは…、とめちゃんに、みりょくを、わかってもらうために、このあふれんばかりの、さいのうを、かいか、させたいと、おもったのである。」

 

私「…溢れんばかりの才能?作文は、なかなかうまく書けていましたよ。変なところもありましたけど」

 

f:id:teshico17:20170423233801j:image

サワラ「確かに。悔しいけど、私にはあんな作文は書けないわ。あれをちゃんと書き直したら、いい線いくと思うわよ」

 

f:id:teshico17:20170423233913j:image

いわし「また、じょしたちは、さくぶん、とかいう、ちいさいところで、まとまろうと、している。じぶんは、おとこなので、もっと、おおきな、ところで、しょうぶ、してみたいのである。」

 

私「大きなところ…?男とか女とか関係なく、自分が得意な分野で才能を発揮するのは、素晴らしいことですよ」

 

f:id:teshico17:20170423234201j:image

サワラ「はぁ、これだから男は困るわ」

 

私「サワラさん、全ての男性がいわしさんのような思考ではないと思いますよ」

 

f:id:teshico17:20170423234421j:image

いわし「まずは、りょうり、である。めめしい、と、おもわれるかも、しれないが、はやみもこみちさんのように、かっこよくも、なれるのである。」

 

私「本当にすみません。…サワラさん、速水もこみちさんって、かっこいいんですか?」

 

f:id:teshico17:20170423234609j:image

サワラ「人には好みがあるけど…、あの人の場合は、ネタにされたり笑われてる方が多いわね。元はイケメンだと思うんだけど」

 

f:id:teshico17:20170423234712j:image

いわし「あっ。じぶん、てんさいてきな、りょうりを、おもいついてしまった。あぼかどに、ちーずをのせて、おーぶんで、やきます。」

 

私「あ、それ美味しそうですね」

 

f:id:teshico17:20170423234831j:image

いわし「やきあがったものが、こちらに、あります。これに、ばるさみこすを、200ccかけて、さくらんぼと、ちょこと、めーぷるしろっぷを、かけます。」

 

私「えっ。バルサミコ酢は確かに風味で使うことがありますが、200ccも入れたらダメですよ。鼻がツーンとしますよ」

 

f:id:teshico17:20170423235144j:image

サワラ「チーズを乗せて焼くっていうから、スイーツだと思わなかったわ。ベーコンも焼いて、あらびき黒胡椒でもかければ、いいおつまみになりそうなのに」

 

私「…サワラさんの方が、料理に向いているんじゃないですかね」

 

f:id:teshico17:20170423235355j:image

サワラ「何年一緒に暮らしてきたと思ってるのよ。自動餌やり湯たんぽが料理しているところ、ずっと見てきたんだもの。勝手に覚えちゃうわ」

 

f:id:teshico17:20170423235519j:image

いわし「あのー。おはなしちゅう、すいません。ぼくに、りょうりは、まだ、はやい、という、ことで、よろしいですか?」

 

私「あ、そうですね。そういう事にしておきましょう。料理は、もう少し経ってから。あと、私と一緒に作りましょうね」

 

f:id:teshico17:20170423235725j:image

いわし「では、つぎの、さいのうへ、きりかえたいと、おもうのだが。さくしか、なんて、どうだろうか。」

 

私「作詞家ですか?秋元康さん的な?」

 

f:id:teshico17:20170423235910j:image

サワラ「作文は書けるんだし、料理よりはマシじゃないの?」

 

f:id:teshico17:20170423235944j:image

いわし「では、いきます。たいとる『しっこくの、あおい、ばら』さくし・いわし。さっきょく・おかあさん。」

 

私「えっ?私が作曲するんですか?あと、『漆黒の青いバラ』って、黒いんですか?青いんですか?」

 

f:id:teshico17:20170424000224j:image

いわし「『へいよー。ここはしっこく、こめはざっこく、きみはざんこく、ぼくはひなんかんこく。』」

 

私「えっ?ラップなんですか?『漆黒の青いバラ』が?」

 

f:id:teshico17:20170424000611j:image

サワラ「ちゃんと韻を踏んでいるところがムカつくわね」

 

f:id:teshico17:20170424000656j:image

いわし「きぶんあげあげ、そこはもみあげ、まつりのーよるはやっぱからあげ。」

 

私「…これ、作曲ほとんどいらないですね」

 

f:id:teshico17:20170424000827j:image

いわし「せいほーーぉ」

 

私「ほーぉ」

 

f:id:teshico17:20170424000907j:image

サワラ「なにノってんのよ」

 

私「すいません…つい…」

 

f:id:teshico17:20170424001024j:image

いわし「おれはいやしのいわし、おまえいわしのこやし、みんなおれにめろめろ、とろけるきっすできょうもかりめろー。」

 

私「いわしのこやし?カリメロ?だんだん、訳が分からなくなっていますよ」

 

f:id:teshico17:20170424001355j:image

サワラ「漆黒の青いバラはいつ出てくるのよ。待っているんだけど」

 

f:id:teshico17:20170424001436j:image

いわし「そうさこれはしっこくのばら、しっこくだけどあおいばら、なにいろかってきかれたって、ことばにできねぇふれっしゅぐっでぃ。」

 

f:id:teshico17:20170424001547j:image

サワラ「その、フレッシュグッディって何なのよ」

 

私「たぶん…小田和正さんの『言葉にできない』って曲の事だと思うんですよ。『うれしくて』の部分が、『フレッシュグッディ』に聞こえて、もう二度と『うれしくて』に聞こえなくなるという怖い伝説です」

 

f:id:teshico17:20170424001825j:image

いわし「どうだったでしょうか。ぼくの、さいのうあふれる、さくしについて、ひとこと、こめんとを、くれても、いいとおもうのだが。」

 

私「えっと…想像していたやつと全く違いましたけど、良かったと思いますよ。ただ、私はHIP-HOPに詳しくないので、今度詳しい人に見てもらいましょうね」

 

f:id:teshico17:20170424002114j:image

いわし「いんぜいが、はいって、おおもうけ。しゃっきんを、へんさいして、あらたな、かけに、でる。それまでは、おどりあかして、くらそう。」

 

f:id:teshico17:20170424002159j:image

サワラ「…とりあえず、もう賭け事はやめたら?」

 

 

いわしは、もしかしたら文才があるのかもしれません。

どなたか、詳しい方がいらっしゃれば教えてあげて下さい。

 

ではでは。