読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

みたことないものが、また、やってきた。

こんにちは、ゆきんこです。

今日は、いわしとサワラにとって、ドキドキの日です。

 

f:id:teshico17:20170411160624j:image

いわし「うぃきぺでぃあさーん。きょう、みんなで、はなみを、するんだってー。くるー?え?いろいろな、さそいがあって、いそがしい?」

 

私「さすが、Wikipediaさんは人気者ですね。でも今日は…いわしさんも、サワラさんも、大丈夫でしょうか」

 

f:id:teshico17:20170411162313j:image

サワラ「え?私たちは外に出られないから、留守番でしょ。いつもしているから、全然平気よ」

 

(ピンポーン)

 

私「あ、弟たちが来たようです。ちょっと玄関のドア開けてきますね。……いらっしゃーい。わー!ひさしぶりー!可愛い!」

 

f:id:teshico17:20170411162610j:image

サワラ「あら?何かおかしいわ。このニオイ…もしかして…。あ、私は隠れるから、あとはよろしくね」

いわし「なんだろうか。まぐろの、においであろうか。」

 

f:id:teshico17:20170411162834j:image

弟んちの犬「こんにちははははは。ここは、初めてきたよよよよよよよ。あれれれれれ、なんか、ちっちゃいのがががががが、いるるるるるる。」

いわし「きさまは、どこの、うまのほねであるか。」

 

f:id:teshico17:20170411163028j:image

弟んちの犬「馬じゃゃゃゃゃゃ、ないよよよよよよよ。わたしは、犬ぬぬぬぬ?でも、似てるって言われるのははははは、熊かななななななな?」

いわし「くま、であるな。きょりが、ちかい。」

 

私「いわしさん、この子は、犬の女の子ですよ」

 

f:id:teshico17:20170411163429j:image

いわし「くま、くま、くま…にんげんを、たべるという、うわさの。」

弟んちの犬「食べないよよよよよ。でも、色んなものを、食べるよよよよよよよ」

 

私「あれ?いわしさん、体が動いてないですね。離してあげましょう」

 

f:id:teshico17:20170411192829j:image

いわし「この、いすのしたに、もぐりこもう。お、サワラ姐さん。どうしたのだろうか?」

サワラ「犬……いぬ……」

 

私「あらら。2人とも、犬はだめでしたか。いわしさんは、案外平気だと思ったんですけどね」

 

f:id:teshico17:20170411193150j:image

弟んちの犬「あれれれれれ。ちいさいのが、どっかに行っちゃったよよよよよよ。わたし、今日は、オシャレしてきたのににに。」

 

f:id:teshico17:20170411193344j:image

いわし「さいきんは、くまも、おしゃれをする、じだいになったようだ。」

サワラ「やだぁぁぁぁ、犬こわいよぉぉぉ」

 

私「いわしさん、この子は犬ですよ。サワラさん、ごめんなさい。すぐに外に出しますからね。イビキのお兄さん、この子を散歩へ連れていってくださいな」

 

f:id:teshico17:20170411195445j:image

サワラ「こわいよぅ、犬がこわくて、動けないよぅ。」

いわし「サワラ姐さん、あやつは、くまであるぞ。」

 

私「もう犬は居ませんよ。…熊は始めからいません。どうぞ出てきて下さい」

 

f:id:teshico17:20170411195649j:image

サワラ「もし、嘘だったら、どぉしよう。食べられちゃうかもしれないよぉ。」

いわし「じぶん、おとこなので、サワラ姐さんを、まもるのである。」

 

私「いわしさん、守るって言いながら、サワラさんの後ろに隠れているじゃないですか」

 

f:id:teshico17:20170411195909j:image

いわし「よし。じぶんが、かくにんしよう。みたかんじ、いないとおもわれる。」

サワラ「…ほんとに?」

 

f:id:teshico17:20170411200050j:image

サワラ「はぁ。疲れたわ。それにしても、よく吠える犬だったわね」

いわし「はぁはぁ、いっていた。あのくまは、ぜんそくなのだろうか。」

 

私「2人とも、すごく仲がいいですねぇ。花見に行ってきますので、お留守番をお願いしますね」

 

f:id:teshico17:20170411200520j:image

サワラ「あー疲れたわ。私たち、別に仲良くなんかないわよね」

いわし「そうだろうか。つーかーの、なかでは、ないけれど、なかなか、いいかんじの、かんけいだと、おもうのだが。」

 

f:id:teshico17:20170411223102j:image

サワラ「…ツーカーの仲なんて、どこで覚えてきたの?死語よ死語。アンタは赤ん坊のくせに、いちいち古いのよ」

いわし「つーといえば、かー、ですね。わかります。サワラ姐さん、ぼくは…」

 

f:id:teshico17:20170411223508j:image

サワラ「疲れたから眠るんでしょう」

 

私「ただいま帰りました。2人とも、出てきましたね。先程は怖い思いをさせてしまって、すみませんでした」

 

f:id:teshico17:20170411223644j:image

いわし「とめちゃーん。あ、よねちゃんも、いっしょであるか。しょくん、きいてくれたまえ。じつは、さっき、うちに、くまが、あそびにきたのである。」

 

私「あ、いわしさん、寝てるんですね」

 

f:id:teshico17:20170411223747j:image

サワラ「たった今、寝かしつけたところよ」

 

私「サワラさん、赤ん坊のお姉さんって感じですね。いや、実際そうなんですけど」

 

f:id:teshico17:20170411223846j:image

いわし「くまは、ぴんくの、ふくをきて、ひらひらした、すかーとを、はいていた。じぶんは、サワラ姐さんが、こわがっていたので、まもっていたのである。」

 

私「いわしさん、前も言いましたが、嘘はよくないですよ」

 

f:id:teshico17:20170411224002j:image

いわし「そして、くまと、いっしょに、おどりを、おどったのである。え?くまを、こわがらずに、いっしょに、おどるなんて、すごい?いやいやぁ。じぶん、こわいものしらず、ですからぁー。」

 

f:id:teshico17:20170411224124j:image

サワラ「来ていたのは熊じゃなくて、熊みたいな顔をした犬だし、アイツだって怖がっていたし、踊る余裕なんてなかったじゃない」

 

f:id:teshico17:20170411224302j:image

いわし「え、よねちゃん、なんであるか?いわしせんぱいは、おとこらしくて、たのもしい?そう、ほめるでない。」

 

私「あれ。もしかして…これって…」

 

f:id:teshico17:20170411224510j:image

サワラ「トメちゃんではなくて、ヨネちゃんの方がアイツを好きかもしれないわね」

 

私「でも、トメさんもヨネさんも、人間ですよ?いわしさんは、猫ですし…。あ、でも夢だから何でもアリですかね」

 

f:id:teshico17:20170411225231j:image

いわし「え?これから、けーきの、たべほうだいに、いく?すいーつぱらだいす?じぶん、あまいものも、だいすきである。」

 

私「いわしさん。サワラさんへの借金が101万円あるのを忘れないで下さいね」

 

f:id:teshico17:20170411224901j:image

いわし「とても、おいしい。しょっぱいもの、あまいもの、を、えいえんに、くりかえしてしまう。かれーも、おいしい。え?いわしせんぱいは、たくさんたべて、かっこいい?」

 

私「『いわし先輩』ってことは、今の発言はヨネさんですよね。予想、当たってるかもしれませんね…」

 

f:id:teshico17:20170411225051j:image

サワラ「あーもう、面倒だし疲れたし、何も見たくないし聞きたくないわ」

 

f:id:teshico17:20170411225207j:image

いわし「ただいま、かえりました。あ、おかあさん。おかえりなさい。きょうは、じょしふたりと、けーきの、たべほうだいにいって、もてもてであった。」

 

私「よかったですね。トメさんとヨネさんですか?」

 

f:id:teshico17:20170411225403j:image

いわし「よねちゃんは、いいこである。いわしの、いいところを、たくさんいって、とめちゃんに、あぴーるして、くれていたのである。こんごも、よろしくおねがいします。」

 

私「多分それ、トメさんへのアピールじゃないと思いますよ」

 

 

今日は、サワラさんに怖い思いをさせてしまいました。

まさかあんな狭いところで隠れているとは…大反省です。

ただ、いつもは少し距離を取っている2人が完全に結託して並んでいる様子は、ちょっと嬉しかったのです。ごめんなさい。

 

ではでは。