読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

このほしの、いっとうしょうに、なりたいの。いわしは。

こんにちは、ゆきんこです。

いわしが、また変なところから出てきました。

 

f:id:teshico17:20170328233457j:image

いわし「あいぱっどのうらから、しつれいします。みんなの、こころのおあしす、いわしです。」

 

f:id:teshico17:20170328233540j:image

サワラ「その登場は何なのよ。ほんとイラっとくるわね」

 

私「いわしさん、たまによく分からない所にいますよね」

 

f:id:teshico17:20170328233804j:image

いわし「うーん。もっと、さっそうに、とうじょうするには、どうしたらいいだろうか。」

 

私「颯爽ですか。窓から風が吹いている感じとかが、いいんじゃないですかね?」

 

f:id:teshico17:20170329152915j:image

サワラ「余計な事を言わないで頂戴。この窓際は、私のお気に入りの場所No.2よ」

 

f:id:teshico17:20170329153105j:image

いわし「ゆずってちょうだい〜、まどぎわぶしょを、いわしに、ゆずってちょうだい〜。」

サワラ「譲らないわよ!しかも窓際部署って、なんでここが会社みたいになってるのよ!」

 

f:id:teshico17:20170329153251j:image

いわし「うわ。サワラ姐さんは、やっぱりけちだ。けちのさ…」

サワラ「ケチの細胞なんてないって言ってるでしょ!」

 

f:id:teshico17:20170329182401j:image

いわし「サワラ姐さん。すきありですよ。これから、いわしのぱんちが、さくれつしますよ。」

サワラ「アンタのパンチはいつも届いてないわよ。動きが遅すぎて、まるでスロー再生よ」

 

私「いわしさん、本当に動きが遅いですよね。あと、パンチは予告したらいけませんよ」

 

f:id:teshico17:20170329183152j:image

サワラ「こいつ寝てるわよ」

いわし「あー。うぃきぺでぃあさん。おひさー。さいきん、どう?じむ、かよってる?」

 

私「いわしさんって、寝ると必ず誰かと喋っていますよね。…起きていても喋りますが」

 

f:id:teshico17:20170329183533j:image

サワラ「そのウィキペディアさんっていう人と友達なのだけは羨ましいわ」

 

私「サワラさん、もっと他の事も羨ましがって下さいよ。爪切りや病院が嫌じゃないところとか」

 

f:id:teshico17:20170329183652j:image

サワラ「前前前世よりも全然、羨ましくないわ。二度とその単語を口にしないで頂戴。じゃないと、自動餌やり湯たんぽの皮をひん剥いて、湯たんぽの機能を使えなくしてやるわよ」

 

私「…すいませんでした。…あれ?私が怪我したら、餌をあげられないから、自動餌やり器もなくなっちゃうんじゃないですか?」

 

f:id:teshico17:20170329184114j:image

サワラ「…私の食事の用意とトイレの掃除はできる程度にしてあげるわ」

 

私「あ…ありがとうございます…?」

 

f:id:teshico17:20170329184311j:image

いわし「えー、うぃきっちって、17さいなのに、おさけに、くわしすぎじゃなーい?じつは、いんしゅうんてん、しているのであろうー?」

 

私「いわしさん、Wikipediaさんは飲酒運転なんてしませんよ」

 

f:id:teshico17:20170329184942j:image

いわし「もうだめだー。うぃきっち、つよすぎー。」

 

私「えっ、もしかして、利き酒対決でもしてるんですか?2人とも未成年なんですから、だめですよ」

 

f:id:teshico17:20170329185309j:image

いわし「おはようございます。うぃきぺでぃあさんと、ぐうぜん、まちであって、たっきゅう、という、きょうぎを、してきたのである。」

 

私「えっ、卓球ですか?…あ。いわしさん、負けたでしょう」

 

f:id:teshico17:20170329185531j:image

いわし「えっ。おかあさんは、なんでも、まるっと、おみとおしだ。」

 

f:id:teshico17:20170329185605j:image

サワラ「仲間由紀恵みたいな言い方をしないでよ。相手が誰であろうと、アンタが勝てるわけないじゃない。動きが遅いって言ってるでしょ」

 

f:id:teshico17:20170329185745j:image

いわし「ぼくも、かちたいのである。おとこの、しょうぶに。あ、うぃきぺでぃあさんは、おとこでも、おんなでも、なかった。」

 

私「…では、卓球の練習をしましょう。私も、弱すぎて誰にも勝ったことがないので、いい練習相手になるんじゃないでしょうか」

 

f:id:teshico17:20170329185930j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽは、みんながハンデで左手でやってくれたのに、ガチガチに負けたわよね」

 

私「ちょっと、サワラさん。恥ずかしい事をバラさないで下さい」

 

f:id:teshico17:20170329190229j:image

いわし「いぇいっ。たっきゅうを、れんしゅうして、うぃきぺでぃあさんに、かつっ。…の、まえに、たいりょくかいふくを、せねば。ねるっ。」

 

私「いわしさん、さっき寝たばっかりじゃないですか」

 

f:id:teshico17:20170330095235j:image

いわし「うぃきっちー。いわしは、このほしの、いっとうしょうに、なるために、たっきゅうの、れんしゅうをするのであるっ。つきあえっ。」

 

私「なんだか今日はテンションが高い上に、勝ちたい相手を練習相手にしていますね」

 

f:id:teshico17:20170330095511j:image

いわし「えっ?さっき、やったばかりである?これから、しごと?ちょ、17さいなんだからさー、はたらきすぎんなってー。」

 

f:id:teshico17:20170330095641j:image

サワラ「ちょいちょい、キムタクが入ってきている気がするんだけど」

 

私「そうですね」

 

f:id:teshico17:20170330095727j:image

サワラ「笑っていいともは終わったわよ」

 

私「サワラさん、厳しいですね。いいともが終わったのは分かっていますよ。『そうですね』くらい、自由に使わせて下さいよ」

 

f:id:teshico17:20170330095933j:image

いわし「きゅうべえくーん。いわしは、たっきゅうで、せかいを、せいふくするのである。れんしゅうに、つきあってくれぬか?うわ、なにをする。めに、いしをなげるのは、きけんである。」

 

f:id:teshico17:20170330100049j:image

サワラ「久兵衛ってたしか、アイツのクラスメートで、78年前の戦争で戦車を乗り回していたとかいう、訳が分からない小学生でしょ」

 

私「そうで…したね。」

 

f:id:teshico17:20170330100451j:image

いわし「あ。らいちゃんと、とめちゃん。いっしょに、たっきゅうを、やらないだろうか?」

 

私「ちょっと、ライは私の祖母ですよ。もうとっくに亡くなってますけど、祖母は、箸より重いものは持てないんです…って、いわしさんの夢には関係ないですかね」

 

f:id:teshico17:20170330100753j:image

いわし「え?らいちゃんは、はしよりも、おもいものが、もてないのであるか?では、しんぱんを、おねがいしよう。」

 

f:id:teshico17:20170330100841j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽのおばあさんなんて、私でも会ったことないわよ。アイツの夢の中って、どうなってるのかしら。それに、箸より重いものが持てないって、何もできないじゃない」

 

f:id:teshico17:20170330101025j:image

いわし「ぜんぶ、みなかったことに、していただきたい。いわしからの、たのみである。おれいとして、こんど、ぎんざの、きるふぇぼんに、ゆこう。」

 

私「トメさんに負けたんですね。しかも、事実隠蔽のお礼と称して、デートの約束までしています。キルフェボンのタルト、いいなぁ。食べたい。ん?お金は私が出すんでしょうか。あれ結構高いぞ」

 

f:id:teshico17:20170330101519j:image

いわし「おはようございます。なんやかんやあって、とめちゃんと、ざぎんで、でーとを、することになったのである。おかねを、かしてください。」

 

私「銀座をザギンと言わないで下さい。デートは、お金のかからないところでして下さい。小学生が2人で銀座にいたら、変ですよ。あと、卓球の練習はどうしたんですか?」

 

f:id:teshico17:20170330101739j:image

いわし「ぜったいに、まけない、ゆいいつのほうほうは…たたかわないこと、である。あと、ざぎんで、たるとをたべて、でーとすることである。」

 

私「それ、途中までピンポンのセリフじゃないですか。変な部分を足さないで下さい」

 

 

いわしは、卓球をなかった事にして、すっかりデートを楽しみにしてしまっています。

果たして、デートは成功するのでしょうか。

後編は、いつか多分書きたいかもしれません。

 

ではでは。