読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

私はとても怒っているわ

こんにちは、ゆきんこです。

 

いわしが、またサワラの椅子を奪っています。

 

f:id:teshico17:20170307114037j:image

サワラ「ねぇ、何故私がアンタに対していつも怒っているのか分かる?」

いわし「もともと、おこりっぽいからではないだろうか。」

 

f:id:teshico17:20170307114329j:image

サワラ「違うわよ。確実にアンタのせいなのよ」

いわし「ぼくのせい?うーん。ぼくが、ゆめのなかで、おいしいものをたべたり、うぃきぺでぃあさんと、ともだちだから、やきもちをやいているんだろうか。」

 

f:id:teshico17:20170307114500j:image

サワラ「全然違うわよ。あのね、ご飯やトイレを邪魔されると、本当にイライラするのよ。あと、私のお気に入りの椅子をすぐ取るところも、大嫌いよ」

 

f:id:teshico17:20170307114725j:image

いわし「このいすは、とてもきもちがいい。おきにいりの、いすにしよう。あ。ねむくなってきた。」

 

f:id:teshico17:20170307115038j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽ、助けて。私、もう耐えられないわ。アイツを追い出してくれないかしら」

 

私「サワラさん…そこまでストレスが溜まっていたんですね…すみません。あ、別の部屋にいたらどうですか?蒼ちゃんの時みたいに」

 

f:id:teshico17:20170307115412j:image

サワラ「嫌よ。私はリビングにいるのが好きなの。蒼ちゃんは、私がちょっと叩いてやったら、すぐ逃げたわ。でも、アイツはいくら叩いても効果がないのよ」

 

私「困りましたねぇ。いわしは隣の部屋に行ってもらいますかね…そうすると、いわしによるストレス対策で始めた、毎日のマグロ缶タイムはいらないんですね?」

 

f:id:teshico17:20170307115915j:image

サワラ「マグロ缶…1日で一番楽しみにしている、マグロタイムがなくなるの…?

あ、やっぱりこのままでいいわ。働いた後のビールが美味しいように、色々我慢したあとのマグロ缶は美味しいもの」

 

 私「よかったです。みんなで仲良く暮らせますね」

 

f:id:teshico17:20170307120744j:image

いわし「おはようございます。あ、これは、さんしゃいんいけざきみたいに、てんしょんがあがる、まほうのみずだ。のまねばならない。」

 

私「いわしさんがサンシャイン池崎さんみたいなテンションになったら面倒くさいのと、そのコップにはジュースが入っていたので、やめてくださいね」

 

f:id:teshico17:20170307121414j:image

いわし「あいむそーりーひげそーりー。きょうは、なんと、てれびのしたから、でてきてみました。」

サワラ「…自動餌やり湯たんぽが、アイツに対してやめてほしい事は何かしら?この際ハッキリ言っておやり」

いわし「またまた、ごじょうだんを。そんなこと、あるわけがないでしょう。」

 

私「…いわしさん、ありますよ。

①サワラ姐さんのご飯中に襲撃するところ。かわいそうです。

コンタクトレンズを付けていると、それで遊ぼうとするところ。

③薬を飲もうとすると、それで遊ぼうとするところ、とか」

 

f:id:teshico17:20170307121700j:image

サワラ「ほら、自動餌やり湯たんぽだって、アンタにやめてほしいことが沢山あるのよ。『いわしのうた』でも、悪いところの方が多いって歌っていたでしょ」

 

私「いや、あれはその時のノリなので…」

 

f:id:teshico17:20170307121845j:image

いわし「いやいや。ぼく、そんなことしません。」

 

私「あれ?いわしさん、太りました?」

 

f:id:teshico17:20170307121953j:image

サワラ「そうね。子供だから『大きくなった』という表現をしたいところだけど…明らかに太ったわね」

 

私「ちょっと体重を計りましょうね…ん。1.5キロです。……1.5キロ!?一気に増えましたねぇ」

 

f:id:teshico17:20170307122627j:image

いわし「きのうのよる、ちょっとたべすぎたようだ。やけぐいは、よくないことだ。」

 

f:id:teshico17:20170307122813j:image

サワラ「私の方がヤケ食いしたいわよ。ストレスが溜まってるんだから」

いわし「おや。なぜだろうか。これが、こうねんきしょうがいというものか。」

 

f:id:teshico17:20170307122955j:image

サワラ「ああああ本当にどうにかならないのかしら怒りがおさまらないし私は更年期障害の歳なんかとっくに過ぎてるし」

 

私「サワラさん、落ち着いてください。あとでマグロ缶をたっぷり食べましょう。とっても美味しいですよ。ね?」

 

f:id:teshico17:20170307140356j:image

サワラ「マグロ…そうマグロよ…私はマグロを美味しく頂くために生きているんだわ…」

 

私「サワラさん…それ自分に言い聞かせてません?呪文みたいになってますよ」

 

f:id:teshico17:20170323113530j:image

いわし「では、ぼくは、てれびのしたからでてきて、みんなをびっくりさせる、あそびをしよう。こういう、せまいところからは、たまに、おたからがでてきて、まんもすうれぴー。」

 

私「…マンモスうれPは、多分もう使っている方はいませんね。可能性があるのは、平野ノラさんくらいです。そして、そこにお宝をしまい込んだのは、いわしさんです。あと、サワラさんを挑発するのは控えて下さいね…って、寝てますね」

 

f:id:teshico17:20170323114149j:image

 いわし「あれ。ここは、どこだろうか。とても、あつい。あ、ひとがいる。

こんにちは。ぼくは、いわしです。あなたは、だれですか。そこの、あつくるしい、あなたです。

まつおかしゅうぞうさん?しらないですね。

え?むかしは、てにすで、ぶいぶい、いわせてた?

ぼくに、むかしのことを、いわれても。うまれてから、4かげつも、たっていないんですよ。

え?やるきが、たりない?あかんぼうにも、むちゃを、いうひとだ。さようなら。

あれ。おんどが、とてもさがった。さむい。」

 

私「松岡修造さんが日本から海外へ行くと、日本の気温が下がるという都市伝説は本物だったんでしょうか」

 

 

時々、サワラのストレスが爆発してしまいますが、いわしは相変わらずのんびりしています。

少し、反省と危機感をもってくれたらいいのになぁ、と思うのでした。

 

 

あ、いわしのうたはこちらです。毎度すみません。

 

sawara-iwashi.hatenablog.com

 

 

ではでは。