読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

しゅくだいを、やりとげる。

こんにちは。変な姿勢でブログを書いていたら、背中を痛めたゆきんこです。

 

今日はいわしが、お願いをしにきました。

 

f:id:teshico17:20170317164726j:image

いわし「あの、いっしょうの、おねがいが、あるのだが。」

 

私「ランドセルは買いませんよ。あと、『一生のお願い』は、いま使わない方がいいと思います。…私は、何回使ったか分かりませんけど」

 

f:id:teshico17:20170317164811j:image

いわし「ぼくが、どくしょかんそうをいうので、それを、かいてほしいのであるが。」

 

私「なんだ、そんなことですか。いつも、いわしさんが喋っている事は、ブログというものに書いていますからね。お易い御用ですよ」

 

f:id:teshico17:20170317165030j:image

サワラ「アンタ、結局何の本にしたのよ。村上春樹の『アンダーグラウンド』とか、夢野久作の『ドグラ・マグラ』とか、安部公房の『カンガルー・ノート』はやめておきなさいよ」

 

私「あ、全部うちにある本じゃないですか。安部公房さんの『カンガルー・ノート』は傑作ですよ。起きたら朝、足からカイワレ大根が生えているんですよ」

 

f:id:teshico17:20170317170355j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽは、少し黙っていなさい」

 

私「すいません…本の事になると、夢中になってしまって…大人しくしていますね」

 

f:id:teshico17:20170317170528j:image

いわし「ぼくがえらんだのは、このまえ、おかあさんが、すすめてくれた、えほんである。」

サワラ「あぁ。『ぼくを探しに』ね」

 

f:id:teshico17:20170317170612j:image

サワラ「この、パックマンみたいなやつが…」

 

f:id:teshico17:20170317170629j:image

サワラ「ここにピッタリ合う欠片を探しに出かけるのよね」

 

f:id:teshico17:20170317170739j:image

いわし「そうである。でも、とてもがんばって、ぴったりの、かけらをみつけたけど、そうしたら、しゃべれなくなってしまった。」

 

f:id:teshico17:20170317170849j:image

サワラ「そりゃあ、口にピッタリの欠片を詰め込んだら、喋れなくなるわね」

 

f:id:teshico17:20170317170950j:image

いわし「ぼくにも、たりないかけらが、あるのだろうか。それは、どこにいるのだろうか。うぃきぺでぃあさんも、わからないといっていた。」

 

私「…そろそろ喋ってもいいですかね?

いわしさんには足りない部分がありますけど、探しにいかなくてもいいと思いますよ」

 

f:id:teshico17:20170317171215j:image

いわし「なぜだろうか。ぼくが、せくしーだから、かしらん。」

 

f:id:teshico17:20170317171430j:image

サワラ「違うわよ。完璧な人なんて存在しないのよ。皆、どこかしら欠点があるわ。アンタの場合は、欠点の方が多いみたいだから、少しは直しなさいよ」

 

f:id:teshico17:20170317171858j:image

いわし「ふむ。みんな、どこか、かけているから、ぼくも、かけらは、さがさなくていい、と。」

 

f:id:teshico17:20170317172228j:image

サワラ「ちーがーうーっつってんだろうが!このぺしゃんこ頭!」

いわし「このしゃしん、しらないひとがみたら、あたまをなでられているように、みえますね。」

 

f:id:teshico17:20170317172600j:image

サワラ「アンタは、こと私を怒らす事に関しては大天才よ!」

いわし「あの、いっしょうのおねがいです。110ばんを、おねがいします。」

 

私「とりあえず、逃げたらどうですか?あと、このレベルなら大丈夫でしょう。サワラさんは爪も出していないし。しかも、一生のお願いはさっき使ったばかりじゃないですか」

 

f:id:teshico17:20170317172805j:image

いわし「あれ、ぼくは、どこ。ここは、だれだろうか。」

サワラ「…頭は、殴らない方がよかったかしら。おーい。分かる?」

 

私「いわしさん?いわしさーん?」

 

f:id:teshico17:20170317173313j:image

いわし「この、みどりいろの、しばふは、たべられるのだろうか。」

 

f:id:teshico17:20170317173403j:image

サワラ「アイツもともと頭が悪いから、本気なのか病気なのか分からないわね」

 

私「うーん。よく分からないですけど、こういう時は、アレです」

 

f:id:teshico17:20170317171959j:image

サワラ「分かったわ。ドラマでよく見るやつね。同じところをもう1回殴るのね」

いわし「あいたたた。なにをするんですか。そこの、くろくて、こわいひと。」

 

私「サワラさん、やめてください。違いますよ。

…寝てもらうんですよ」

 

f:id:teshico17:20170317173850j:image

いわし「あれ。ここは、あたたかくて、きもちがいい。だんだん、いしきが、とおのいていく。」

 

f:id:teshico17:20170317173952j:image

いわし「あっ。きむたくさん。おひさしぶりです。きょうも、さーふぃんおしえてください。かわむらりゅういちさんは?え?こない?さかぐちけんじさんが、きている?…こうきゅうな、にくは、たべられますか?」

 

私「大丈夫、いわしです。今日のサーフィンは、河村隆一さんの代わりに、坂口憲二さんが来ているそうですよ。…しかも、河村隆一さんが来ないと、高級な肉が食べられないのではと、余計な心配までしています」

 

f:id:teshico17:20170317174409j:image

サワラ「あぁ、ちょっとヒヤッとしたわ。私のせいで記憶喪失になったら、さすがに申し訳ないもの。でもアイツ、軽くパンチしてやってるのに、全然よけないのよ」

 

私「サワラさんのパンチが軽いのは、見てて分かっていますよ。ただ…いわしさんは運動神経が悪いので、よけられないんでしょう」

 

f:id:teshico17:20170317174735j:image

いわし「きむたくさん、ちょ、まてよ〜。

え?ぜんぜん、にてないですか?わかりました。れんしゅうします。

さかぐちけんじさん、ちょう、わいるどですね。なまえはにているけど、さかぐちけんたろうとは、おおちがいです。

さかぐちけんたろうは、なよなよしていて、おかあさんと、いじわるな姐さんが、きゃーきゃーいっています。」

 

f:id:teshico17:20170317175019j:image

サワラ「やっぱり、殴ってもいいかしら」

 

私「今は、我慢しましょう。夢の中で、気持ち良さそうにしていますから」

 

f:id:teshico17:20170317175316j:image

いわし「あ、おはようございます。きょうは、ひさしぶりに、さーふぃんをした。かわむらさんが、おやすみで、さかぐちさんが、きた。あ、さかぐちさんとは、さかぐちけんじさんのほうである。」

 

私「そうでしたか。楽しくサーフィンができて、よかったですね。あ、宿題はいいんですか?」

 

f:id:teshico17:20170317175522j:image

いわし「そうだ、しゅくだいであった。またまた、せんせいに、おこられてしまう。おかあさん、いっしょうのおねがいです。てつだってください。」

 

私「これ、延々とループしなきゃいけないんですかね?さすがに疲れますね」

 

f:id:teshico17:20170317175701j:image

サワラ「健太郎くんの悪口を言った奴とは、口を聞ーかないっ。」

 

 

いわしの『眠ると忘れてしまう癖』は、便利と不便が合体していますね。

また、自分の欠片を探そうとするのでしょうか。

見つからなくてもいいじゃない、と、思うのでした。

 

 

いわしのうたも、公開中です。

 

sawara-iwashi.hatenablog.com

 

 

ではでは。