読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

いわしのうた、うたってみた。

こんにちは、ゆきんこです。

最近、いわしがサワラ姐さんに叩かれても、側から離れません。

 

f:id:teshico17:20170321162937j:image

いわし「サワラ姐さん。きょうも、いいかんじに、くろいですね。」

サワラ「アンタ、最近やたらとこの椅子に来るわよね。距離が近いのよ」

 

f:id:teshico17:20170321163126j:image

いわし「かたじけない。じぶんも、このいすは、きにいっているので。」

サワラ「私はどかないわよ」

 

私「あら、今日も、いわしさんはサワラさんの近くにいるんですね。サワラさん、大丈夫ですか?」

 

f:id:teshico17:20170321163331j:image

サワラ「全然大丈夫じゃないわよ。こんな奴、こうして、こう叩いて…」

いわし「あ、そこ、つぼですかね。いたきもちいい。」

 

f:id:teshico17:20170321163502j:image

サワラ「こう、ギュッとやって、ますます頭をぺちゃんこにしてやるわ」

いわし「せんせい、こしのほうも、おねがいできないでしょうか。かたも、こっています。」

 

私「あらあらあら。これは、止めた方がいいですかね。いわしさん、だっこしますよ。」

 

f:id:teshico17:20170321163750j:image

いわし「サワラ姐さんの、まっさーじは、とても、きもちいい。からだが、かるくなる。どらえもんみたいに、ういている、きがする。」

サワラ「…渾身の力を込めたのに、マッサージですって?」

 

私「うーん。最初は、いわしの方からサワラ姐さんに襲撃して、結果、叩かれて逃げていましたけど…最近は、本当に動じませんね。痛かったら逃げるでしょうし、止めなくていいのかぁ」

 

f:id:teshico17:20170321164146j:image

サワラ「私は嫌よ。同じ部屋にいるのは許せても、この距離はさすがに無理よ。テリトリーってものがあるのよ」

いわし「サワラ姐さん、ぼくたち、きょうだいである。『やうたいしょう』である。」

 

f:id:teshico17:20170321164404j:image

サワラ「もう無理。私が降りるわ。え?やうた…なんですって?」

 

私「夜雨対牀(やうたいしょう)ですね。四文字熟語です。意味は、兄弟関係や友人関係が良好で、仲睦まじいことの例えです」

 

f:id:teshico17:20170321165620j:image

サワラ「この漢字から、そんな印象は受けないけれど」

 

私「確かに。えっと、夜、雨の音を聞きながら、兄弟が寝台を並べて仲良く眠るという意味から、きているそうです。牀とは、ベッドの事を指すそうです。新明解熟語辞典より。」

 

f:id:teshico17:20170321170203j:image

サワラ「辞書で調べてくれて、ありがとう。でも、なんでそんな難しい熟語を、このガキが知っているのかしら?」

 

f:id:teshico17:20170321170317j:image

いわし「しすこんめがねが、おしえてくれたのである。」

 

私「あぁ、そうでしたね。弟は、ムックというバンドが大好きなんですけど、新しいアルバムの歌詞に『夜雨対牀』が出てきて、調べたらとてもいい言葉だったからって教えてくれたんでしたね」

 

f:id:teshico17:20170321170518j:image

サワラ「シスコンメガネは、超シスコンだものね。きっと、兄弟仲睦まじいというのが気に入ったのね。…でも、私はブラコンじゃないのよ。おあいにくさま。」

 

f:id:teshico17:20170321170723j:image

いわし「サワラ姐さんと、なかよくなるには、ぼくも、いろいろ、できるようにならないと、いけない。いーぶんな、かんけいでいないと。」

 

私「イーブンな関係、ですか。どこで覚えたんですか?…サワラさんは、高いところに乗るのがとても得意ですね。漢字も英語も得意ですし、色んな事を知っています」

 

f:id:teshico17:20170321170928j:image

いわし「じぶんも、ちょうせんしたのだが、たいへんむずかしい。うんどうは、できない。できたと、じぶんでは、おもっているが、できていないことがおおい。」

 

私「そうですね…いわしさんの運動神経の悪さは、まだ小さいからということを差っ引いても、足りない気がします」

 

f:id:teshico17:20170321171157j:image

いわし「じぶん、かんがえました。にこにこどうがに、どうがをあっぷして、ぜにをかせぐ、というのは、どうだろうか。」

 

私「ニコニコ動画ですか?YouTubeじゃなくて?…いわしさん、なんだか人間みたいな格好をしていますね」

 

f:id:teshico17:20170321171354j:image

いわし「うたである。うたを、あっぷする。このまえ、ぐれいのひさしさんが『ひいてみた』を、あっぷしたように、ぼくは、『うたってみた』を、やろうとおもう。」

 

私「そのポーズが既に、ジョジョ立ちっぽくて、一部の方から評判になりそうですが…。歌ですか。サワラさんも、昔はマグロ缶をあげると歌いながら食べていましたね。可愛かったなぁ」

 

f:id:teshico17:20170321171608j:image

サワラ「恥ずかしこと暴露しないでよ。…で、アンタは何を歌ってみるのよ」

 

f:id:teshico17:20170321171703j:image

いわし「もちろん、『いわしのうた』である。ぼくは、このうたしか、しらないので。」

 

f:id:teshico17:20170321171909j:image

サワラ「やめておきなさい。あの歌、簡単そうで意外と難しいわよ。だって、もとから音程がメチャクチャなんだもの」

 

私「す、すみません…歌を作ろうと思って、思いつきで録音したら、なんか歌っぽくなったので…確かに、音程めちゃくちゃですね」

 

f:id:teshico17:20170321172055j:image

いわし「い゛わ゛しの゛〜い゛い゛ところ゛は〜、……かしこくて〜」

 

私「いわしさん、声がガラガラですし、濁点が付かない文字にだけ濁点を付けるのはやめて下さい。そして、歌詞が違います。『かしこくて』なんて歌詞はありませんよ」

 

f:id:teshico17:20170321172344j:image

サワラ「『かしこくて』なんて歌詞が入っていたら、事実の捏造よ。あと、語呂が合っていないわ。そこは7文字よ」

 

f:id:teshico17:20170321172425j:image

いわし「み゛ん゛な゛を゛〜いや゛してくれ゛る゛〜てん゛しの゛いわ゛し〜」

 

f:id:teshico17:20170321172651j:image

サワラ「歌詞も合ってないしムカつくし、語呂が合わなさすぎて気持ち悪いわ。吐きそうよ」

 

私「いわしさん、いったん休みましょう。ね?」

 

f:id:teshico17:20170321172916j:image

いわし「うまく、うたえていただろうか。おかあさん、ろくおんを、きかせてください。」

 

私「あ。録音…してません、ね…」

 

f:id:teshico17:20170321173242j:image

いわし「おかあさんは、ろくおんをわすれたことを、こうかいしているだろう。ぼくは、すこしねむることにしよう。」

 

f:id:teshico17:20170321172839j:image

いわし「いわっしの〜、いいところは〜、ひとなつっこくて〜。つめも〜、きらせてくれる〜、あまえーんぼーう。いわっしの〜、わるいところは〜、、、ない〜っ。ない〜っ。ぜんぜんないよっ!」

 

私「寝言だと、途中までは完璧ですね。アレンジが加わっています」

 

f:id:teshico17:20170321173506j:image

サワラ「歌詞はともかく、寝言で歌えば金になるんじゃないの?まぁ、自動餌やり湯たんぽは金儲けなんてしないって言ってるけど」

 

 

いわしは、歌に目覚めるのでしょうか。

それも、起きたら忘れているでしょうけど。

歌手になったいわしも、ちょっと見てみたいなぁ、と思うのでした。

 

いわしのうた(オリジナルver.)は、こちらからどうぞ。

 

sawara-iwashi.hatenablog.com

 

 

ではでは。