読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

いろんなものに、なりたい。

こんにちは、ゆきんこです。

 

いわしが、色んなことに挑戦しようとしています。

 

f:id:teshico17:20170315232121j:image

いわし「ぼくには、さいのうがある。もしかしたら、サワラ姐さんがいっていた、まじょのたっきゅうびんの、しゅじんこうになれるかもしれない。」

 

私「多分、無理だと思いますよ。主人公は女の子で、魔法使いです。いわしさんは男の子で、猫ですよ」

 

f:id:teshico17:20170315232349j:image

いわし「ほうきにのることに、せいこうした。しゅじんこうも、はじめは、うまくのれなかったと、きいている。」

 

私「それなら、ハリーポッターとか目指したらどうですか?でもそれ、ほうきじゃなくて猫じゃらしですけど」

 

f:id:teshico17:20170315232555j:image

いわし「うーん。ほうきが、わるいのか。にんばす2000でがまんするか。でも、ふぁいあぼるとが、ほしいけど、しりうすさんは、ぼくにもかってくれるだろうか。」

 

f:id:teshico17:20170315232752j:image

サワラ「アンタは、ニンバス2000だろうが2001だろうが、ファイアボルトだって使いこなせないわよ」

 

私「あ、サワラさんもハリーポッター好きなんですね。なんか意外です。難しい映画が好きなのかと思ってました」

 

f:id:teshico17:20170315232905j:image

サワラ「マルフォイが好きよ。あと、ネビル。…言っておくけど、映画はなんでも好きよ。ジョニー・デップだって大好きだわ。もちろん、パイレーツオブカリビアンよりずっと前からよ」

 

私「一緒ですね。やっぱり『シザーハンズ』は最高ですし、『妹の恋人』もすごく好きです」

 

f:id:teshico17:20170315233215j:image

いわし「ふたりとも、また、はなしをきいてくれない。じょしかいで、もりあがっている。じょしという、ねんれいではないのに。ぼくは、くちのなかに、てがはいるかどうか、ためしてみよう。」

 

私「いわしさん、何やってるんですか?絶対に入らないし、いわしさんの歯は尖っているんですから、やめた方がいいですよ」

 

f:id:teshico17:20170315233702j:image

サワラ「アンタは、無謀な事に挑戦しすぎなのよ。高いところに登れないのに、なぜか毎回やろうとして転んでるじゃない」

いわし「ゆめは、おとこの、ろまんである。」

 

私「男のロマンですかぁ…。なんか、最近そういうの聞かなくなってきましたね。私の周りに、そういう友達がいないからでしょうか」

 

f:id:teshico17:20170315234052j:image

いわし「おんなのこに、もてるのも、ろまんである。」

 

私「いわしさん、ウィンクできるんですか?やだ、超かわいい。絶対モテますよ」

 

f:id:teshico17:20170316112813j:image

サワラ「モテたいと思ってる男は、たいていモテないわよ。モテないから願望を抱いているんでしょう」

 

私「サワラさん、それ多分、モテたいと思っている人の心が傷ついてしまうのでは…」

 

f:id:teshico17:20170315232905j:image

サワラ「傷つくことも必要だわ。人は、真実を受け入れて、傷ついて、強くなっていくのよ。強い人間で、どん底を味わった事がない人は見たことがないわ。どん底から這い上がって、強い人間になれるのよ」

 

私「う…。サワラさんが言うと、本当に説得力がありますね」

 

f:id:teshico17:20170315234701j:image

いわし「もう、だめだ。このよの、おわりだ。」

 

私「いわしさん?どうしたんですか?」

 

f:id:teshico17:20170315234816j:image

いわし「ぼくは、ようふくがきれない。ようふくは、かっこよくなれる、あいてむだ。」

 

私「欲しいんですか?猫用の洋服も、沢山売っていますよ。警察官になれたり、海賊になれたりします。あ、魔法使いもありますかね?似合うと思いますけどね」

 

f:id:teshico17:20170315235337j:image

いわし「ぼくは、じゃけっとをはおったり、すきにーのぱんつをはいて、さきっぽがとんがっている、くつがはきたい。あと、ちゃぱつにしたい。」

 

私「先が尖っている靴は、女の子に嫌がられるファッションらしいですよ。あと、せっかくいい色の毛をしているんですから、染めないで下さい」

 

f:id:teshico17:20170316000712j:image

サワラ「私も、おばあちゃんになったら、志茂田景樹みたいな頭にしようと思っていたけど、気がついたらもう人間年齢で60歳を超えていたわ」

 

私「サ、サワラさんが志茂田景樹さんに…?その年でも、間に合うと思いますが…。黒猫はカッコイイじゃないですか。私、サワラさんと暮らすようになってから、黒猫グッズを集めまくってますよ」

 

f:id:teshico17:20170316001054j:image

サワラ「知っているわよ。玄関の傘立てだって、奮発して、黒猫と白猫のやつを1つずつ買ったんでしょう。あの頃はまだ蒼ちゃんがいて、あの子が白猫だったから」

いわし「この、しろいねこは、ぼくではなかったのか。」

 

f:id:teshico17:20170316001254j:image

サワラ「アンタは、どっちかっていうと灰色でしょ。柄が入っているけど。それに、もっと前からこれはあったわよ」

 

 f:id:teshico17:20170316113338j:image

いわし「ぼくにそっくりの、ぐっずをさがそう。どこかにあるはずだ。」

 

私「いわしさんって特徴的すぎて、似ているグッズがないんですよ。すいません。」

 

f:id:teshico17:20170316113651j:image

いわし「おや。これは。ぼくとおなじような、かたちをしていて、いわしとかいてある。これぞ、ぼくのぐっずだ。」

 

私「いわしさん、いつのまにローマ字を?これは、弟が私の為に作ってくれたクッキーですよ。いわしさんは食べられないし、食べたらなくなります」

 

f:id:teshico17:20170316113906j:image

いわし「ちがう。これは、じぶんのための、くっきーである。もったいないから、たべずに、かざっておくことにする。」

 

私「あのー、いわしさん。賞味期限があるので、食べ物を粗末にしたくないから、食べますけど…残念なお知らせが…あります…」

 

f:id:teshico17:20170316114056j:image

いわし「ざんねんな、おしらせとは、なんだろうか。しのはらりょうこさんが、いんたいでもしたのだろうか。」

 

私「いえ、篠原涼子さんは引退していませんよ。っていうか、いわしさんは年上好きなんですね。確かに綺麗な方です。…残念なお知らせは…」

 

f:id:teshico17:20170316114425j:image

私「サワラさんのクッキーも、あります。」

 

f:id:teshico17:20170316114552j:image

いわし「もうだめだ。あしもしばられているし、うごけない。このまま、えっくすじゃんぷをしながら、えいえんのねむりにつこう。」

 

f:id:teshico17:20170316114653j:image

サワラ「それ、自分のしっぽじゃない。本当にバカみたいだわ」

 

f:id:teshico17:20170316114837j:image

いわし「くぃでぃっちの、たいかいが、はじまりました。しーかーは、いわしせんしゅです。おっと、いわしせんしゅ、はやくも、すにっちを、はっけんです。」

 

 

いわしさんが女の子にモテたいのか、魔法使いになりたいのかは分かりませんが…

色んな夢があっていいなぁ、と思うのでした。

 

ではでは。