読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

ふらんすえいがも、みてみる。

こんにちは、ゆきんこです。

先日、家でフランス映画『最強のふたり』を観ました。

昔の作品ではありませんが、もう何回も観ている、好きな映画です。

 

f:id:teshico17:20170306134141j:image

いわし「また、きょうようが、ふかまったようだ。」

 

f:id:teshico17:20170306134251j:image

サワラ「どこがよ。アンタ寝てたじゃない」

いわし「ねていない。かんどうして、めをとじていただけである。ぜんべいが、ないた、の、かんどうさくである。」

 

私「全米が泣いたって言っても、これはフランス映画ですよ。まずはフランスの方が泣くべきなんじゃないでしょうか」

 

f:id:teshico17:20170306134402j:image

サワラ「そうね。フランスは米じゃなくて仏だわ。でも、全仏が泣いたって見たことないわね。

ねぇ、感動していた証拠を見せなさいよ」

 

f:id:teshico17:20170306134553j:image

いわし「すいません。じむしょてきに、えぬじーなので、おみせできません。」

 

私「…いわしさん、いつのまに芸能界へ?いったいどこの事務所に入っているんですか?」

 

f:id:teshico17:20170306134758j:image

いわし「やめて、おねがいします、それだけは。しゃべったら、なにをされるか、わからない。」

 

私「事務所の名前を言ったくらいで拷問されるところはありませんよ。あと、お願いする際に寝てひっくり返るのは、どうなんでしょうか」

 

f:id:teshico17:20170306134948j:image

サワラ「あぁ腹が立つわ。結局、寝ていて内容も分かっていないわよ。私は字幕が良かったのに。アイツの為に吹き替え版にしたのがバカみたいだわ」

 

私「知ってます?海外の映画って、字幕と吹き替えのセリフが、かなり違うんですよ。私はコメディーだと、日本語の字幕+日本語吹き替えがオススメです」

 

f:id:teshico17:20170306135938j:image

いわし「おっはー。きょうは、てれびのしたから、でてきてみました。」

 

私「いわしさん、おはようございます。あと、『おっはー』も死語ですからね」

 

f:id:teshico17:20170306140116j:image

サワラ「邪魔しないで。私たち、今『東京タラレバ娘』を見ているの。今映っているのは吉高由里子だけど、もしも坂口健太郎くんのシーンで余計な事をしたら、ブッころ…」

 

私「サワラさん、坂口健太郎さんが大好きだという気持ちはとても分かりますが、その言葉は使ってはいけませんよ」

 

f:id:teshico17:20170306140544j:image

いわし「おいだされた。がびーん。」

 

私「いわしさん、どれだけ死語を使う気なんですか?猫界の平野ノラさんでも目指しているんですか?」

 

f:id:teshico17:20170306140758j:image

いわし「あたりまえだの、くらっかー。」

 

f:id:teshico17:20170306140849j:image

サワラ「嫌だ、私でも知らない言葉だわ。私ももっと勉強が必要ね」

 

私「いや、私も親が使っているのを聞いていたぐらいなので…。サワラさんは既に博識ですよ。映画も字幕で観ますし」

 

f:id:teshico17:20170306141119j:image

いわし「うっそぴょ〜ん。」

 

f:id:teshico17:20170306141143j:image

サワラ「ねぇ、ものすごく腹が立つんだけど、どう思うかしら?」

 

私「えっと…さすがに、ちょっと気になりますね。ドラマの内容が頭に入ってきません。…よし、ちょっと待っていて下さいね。」

 

f:id:teshico17:20170306141423j:image

いわし「あれ?とても、いごこちがいい。」

 

私「しばらく、これで遊んでもらいましょう」

 

f:id:teshico17:20170306141552j:image

いわし「さむさもしのげる。だんぼーるというのは、とてもいい、いえだ。」

 

私「ダンボールは、家ではありませんよ。…家にしていらっしゃる方もいますけど」

 

f:id:teshico17:20170306141812j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽー、ドラマ終わったわよー。ねぇ、次は何を見る?『俺物語!』はどうかしら」

 

f:id:teshico17:20170306142001j:image

いわし「あのー、じぶん、しずかにしているので、みんなといっしょがいいです。だんぼーるは、あきました。」

 

私「いわしさん、1人で遊ばせてしまってごめんなさい。サワラさんのお気に入りタイムだったので…。もう終わったので、一緒に遊びましょう」

 

f:id:teshico17:20170306142238j:image

サワラ「ダメよ。今、健太郎くん祭りをしているの。彼が出ているドラマや映画をひっきりなしに見るのよ。アンタと下らない遊びをしている暇はないわ」

 

f:id:teshico17:20170306142444j:image

いわし「しぇーっ。」

 

私「いわしさん、それって『おそ松くん』のイヤミさんじゃないですか。死語かと思われますが、リメイク(?)作の『おそ松さん』大ブームによって復活しましたね」

 

f:id:teshico17:20170306142802j:image

いわし「がびょ〜〜ん。」

 

私「え?死語を使いたかったんですか?あ、だんだん新しい歯が生えてきましたね。虫歯にならないようにしないと」

 

f:id:teshico17:20170306143003j:image

サワラ「前にいた蒼ちゃんは、虫歯になって全部歯を抜いたわよね。『この歯抜け女』ってバカにしてやろうかと思ったけど、それでも美人のままだからムカついたわ」

 

私「そんな事もありましたね。猫って、歯がなくても固いご飯を食べられるんですね。初めて知りましたよ」

 

f:id:teshico17:20170306143252j:image

いわし「はが、ぜんぶなくても、おいしいごはんをたべられるのか。あんしんした。これからも、たぬきや、たぴおかや、らーめんをたべよう。」

 

私「タヌキの件は、もう修正しません。あと、いわしさんが食べているのは、全部夢の中の出来事です。知らない人が見たら、ラーメンを猫にあげているのかと思われるじゃないですか」

 

f:id:teshico17:20170306143533j:image

サワラ「コイツには、土でも食わせときゃいいのよ」

 

私「サワラさん。その発言を、もし坂口健太郎さんが聞いていたらどうしますか?」

 

f:id:teshico17:20170306143638j:image

サワラ「あっ、えっと、わたくしサワラと申しますの。弟のいわしはまだ小さいので、いつも高級なキャットフードを与えて、優しく遊んでおりますわ。あ、健太郎さん、コーラはお好きかしら?わたくし、注いで参りますわね」

 

私「サワラさん、猫なのに、猫かぶってどうするんですか。私が言ったのはタラレバ話ですよ。もし〇〇だっ『たら』、もし〇〇して『れば』。ドラマで観たじゃないですか」

 

 

あっ。結局、私も死語を使ってしまいました。

それにしても、サワラさんをしおらしくさせる、魔法の言葉があったとは驚きですね。

 

いわしにもそんな言葉があったらいいなぁと、頭を悩ませているのでした。

 

ではでは。