読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

ぼくはもうおとな。

こんにちは。街でやたらと美容院のキャッチにひっかかる、ゆきんこです。

 

いわしは1.2キロを超えましたが、まだまだ子猫です。

 

しかし…ちょっと驚きの写真があるのです。

 

f:id:teshico17:20170215114246j:image

弟と、いわし。

 

f:id:teshico17:20170215114310j:image

イビキのお兄さんと、いわし。

 

…からの、

f:id:teshico17:20170215114336j:image

私と、いわしです。

 

あの…確かに私は人に比べて少々(?)小柄な体格ですけれども…

 

そして、写真もアップで撮られてはいますけれども…

 

この、いわしの成猫感はいったい…(汗)

 

何かが明らかにおかしいです。

 

 f:id:teshico17:20170215114727j:image

いわし「ぼく、じつは、ろうじんです。」

 

私「え?いわしさんは子猫ですよ?」

 

f:id:teshico17:20170215114819j:image

いわし「そう、みせかけている。これは、えんがわで、おちゃをすすっている。」

 

f:id:teshico17:20170215115116j:image

いわし「これは、げーとぼーるをしている。」

 

f:id:teshico17:20170215115439j:image

いわし「これは、はいくをかんがえている。」

 

f:id:teshico17:20170215132655j:image

サワラ「ちょっと待ちなさい。アンタ、漢字も読めないじゃない。私だって、子猫と老猫の区別ぐらいつくわよ。年上には敬意を払うもの。」

 

私「あ、サワラさんでも敬意とか払うんですね…」

 

f:id:teshico17:20170215120133j:image

サワラ「何か問題でも?」

 

私「いやいや、全然問題じゃないです。むしろホッとしました。」

 

 f:id:teshico17:20170217235301j:image

いわし「ばあさん、このようかんは、うまいのう。」

 

私「…ばあさんって、誰の事ですか?」

 

f:id:teshico17:20170303165610j:image

いわし「しょうがいの、はんりょとなるもののことである。」

 

私「いわしさん、いつのまにガールフレンドを作ったんですか?…まさかサワ…」

 

f:id:teshico17:20170303165757j:image

サワラ「私ではないわよ」

 

私「…ですよね。」

 

f:id:teshico17:20170303170246j:image

サワラ「それに、私はすっごく若いわけじゃないけれど、ばあさんっていう歳じゃないわよ」

 

私「…サワラさん。すみません。サワラさんは誕生日が分からないので正確な年齢は分かりませんが、きっと11歳くらいです。人間でいうと、60歳程になるそうです」

 

f:id:teshico17:20170303174347j:image

サワラ「…60…さ…い…?」

 

f:id:teshico17:20170303170537j:image

サワラ「あああああ嫌よ嫌だわもう定年だなんて早すぎるし流石の私でも60歳にもなってオバサンじゃないなんて言ってられないじゃないどうかしてるに違いない」

 

私「サワラさん、落ち着いてください。サワラさんはまだまだキレがあるし、冷蔵庫にも登るし、毛並もツヤツヤじゃないですか。きっと、竹内まりやさんとか、松坂慶子さんみたいな感じですよ」

 

f:id:teshico17:20170303171625j:image

 サワラ「…そうね。私はまだまだ現役よね。ちょっと取り乱したわ」

 

f:id:teshico17:20170215120305j:image

いわし「いまから、あたまをなでられるだけの、かんたんなおしごとをしよう。」

 

f:id:teshico17:20170215120528j:image

いわし「もっと、きもちおおめにおねがいします。」

 

f:id:teshico17:20170303172451j:image

サワラ「やっぱりガキじゃない。老人ごっこはもう飽きたのかしら?」 

 

f:id:teshico17:20170303172916j:image

いわし「サワラ姐さんをみていたら、ろうじんになると、おこりっぽくなるみたいだから、ぼくはけっこうです。」

 

f:id:teshico17:20170303173103j:image

サワラ「なんですって?私はもともと、こういう性格なのよ!それに、アンタがイライラさせてるから怒ってるんでしょう!?」

 

f:id:teshico17:20170303173304j:image

いわし「こわい。とてもこわい。たすけをよびたい。ひゃくとうばんでいいだろうか。」

 

私「いわしさん、110番はしないで下さい。本当にヤバくなったら助けてあげますから。サワラさんは確かに怒りますけど、あのパンチは爪も立っていないし、軽いジャブですよ」

  

やっぱりいわしは、まだまだ甘えん坊の子猫です。

サワラも、まだまだバリバリ現役です。

 

いわしがサワラを怒らせないようになる日が来るといいなぁ、でもきっと無理だろうなぁ、と思いながら、2人がケンカになると、しっかり見守っているのでした。

 

ではでは。