読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

ろしあのえいがで、かんせいをふかめる。

こんにちは、ゆきんこです。

 

今日は、いわしが映画を夢中で観ています。

 

f:id:teshico17:20170304232105j:image

いわし「これは、ろしあのえいがだ。」

 

f:id:teshico17:20170304232248j:image

サワラ「映画っていうかアニメじゃない。冷蔵庫にも、大きなマグネットを貼っているわよね。この猿…えっと、熊かしら?」

 

私「猿と熊の中間みたいな、正体不明の生物ですよ」

 

f:id:teshico17:20170304232806j:image

いわし「これは、とてもおもしろいし、とてもかわいい。ちぇ、ちぇぶ…」

 

私「チェブラーシカですよ」

 

f:id:teshico17:20170304233112j:image

サワラ「確かに大人が見ても面白いわ。動物園のワニがアパートから通勤しているのも、発想がいいわね」

 

f:id:teshico17:20170304232912j:image

いわし「そう、それである。これにでてくる、しゃ…しゃぱなんとかという、いじわるなおばさんが、サワラ姐さんに、にている。」

 

f:id:teshico17:20170304233419j:image

サワラ「アンタが私を怒らせなければ、私は怒らなくて優しい、ひ弱な大人しい猫よ」

 

私「いわしさんが言っているのは、シャパクリャクですね。サワラさんは…ひ弱?大人しい??でも、シャパクリャクは頭がおかしいくらいイジワルなので、サワラさんには似ていないですね」

 

 f:id:teshico17:20170304233905j:image

いわし「まじで?」

 

私「いわしさん、そんな喋り方をどこで覚えたんですか?」

 

f:id:teshico17:20170305100558j:image

サワラ「どうせテレビじゃないの?あのね、アンタが私にやたらめったら襲撃してくるから、私はイライラしてるのよ。本当にお願いだから、ご飯とトイレはゆっくりさせて頂戴」

 

f:id:teshico17:20170305101250j:image

いわし「よし。サワラ姐さんがいつもまどろんでいる、このいすにすわることで、おうざをかくとくした。」

サワラ「……」

 

私「いわしさん、早く降りてください。そこもダメです。危険な目にあいますよ」

 

 f:id:teshico17:20170305101334j:image

いわし「いつまでも、まけているわけには、いかない。じぶんも、おとこである。」

サワラ「……」

 

私「まだ生まれて3ヵ月なんですから、男だとかは気にしなくていいと思いますよ。あとたぶん、いわしさんが本当に言いたいのは、漢(おとこ)でしょう」

 

f:id:teshico17:20170305101814j:image

いわし「おっす。おら、いわし。みんな、おらに、ちからをわけてくれ。」

サワラ「……」

 

私「それは、ドラゴンボールですね。あと、サワラさんの沈黙が怖いです」

 

f:id:teshico17:20170305102425j:image

いわし「かーーめーーーはーーーめーーー」

サワラ「……」

 

f:id:teshico17:20170305102642j:image

いわし「はーっ。」

サワラ「ねぇ、この茶番を終わらせてもよくて?」

 

私「サワラさん、で、できるだけ優しく、お願いしますね…」

 

f:id:teshico17:20170305102901j:image

サワラ「いくらアンタが高いところにいようが、私に勝てる訳がないでしょう!?もうちょっと勝負所を見極めなさいよ!あと、前のセリフからいって、打つのはかめはめ波じゃなくて元気玉でしょう!?」

いわし「あれ、からだが、うごかない。こわくて、かたまっているかもしれない。」

 

f:id:teshico17:20170305103246j:image

サワラ「これに懲りたら、もう二度と私の椅子を奪ったり、襲撃したりしない事ね」

いわし「りょうかいです。」

 

私「いわしさん、手のバランスおかしくないですか?いや、よく見たら手だけじゃなくて、全体的にバランスが…」

 

f:id:teshico17:20170305110237j:image

いわし「サワラ姐さん、まじですいませんでした。じぶんはおとこなので、いさぎよく、まけをみとめる。」

サワラ「だから、その『マジで』とかいう喋り方はやめなさいって言ってるでしょう」

 

f:id:teshico17:20170305104059j:image

いわし「はい。こんりんざい、しません。たぶん。だから、ちぇぶなんとかの、つづきを、いっしょに、みてはくれないだろうか。」

サワラ「仕方ないわね。いいわよ。あの猿か熊みたいなやつね。」

 

私「仲良く見て下さいね。そしていわしさん、漢(おとこ)の約束は絶対ですよ。今日はたくさん、約束しましたからね」

 

f:id:teshico17:20170305104820j:image

いわし「いぇいっ。」

 

私「いわしさん?そのポーズ知ってますよ?寝てますね???いつも通り、寝たら全部忘れるんですね????」

 

f:id:teshico17:20170305105003j:image

いわし「ともだちがいないひとをあつめて、ともだちのいえをつくろう。そうしたら、ともだちがひとりもいないひとが、いなくなる。」

 

f:id:teshico17:20170305105102j:image

サワラ「あーあ。寝てるわ。この話、さっき見てたアニメの内容じゃない。あの世界に行けたら、コイツは幸せでしょうね」

 

私「今でも、たぶん幸せだと思いますよ。ゴロゴロ言っていますし」

 

 

自分で言っておきながら、サワラやいわしは私の子で幸せなのかなぁ、とか、他の家にもらわれていたら、それでも幸せだったのかなぁ、とか考えてしまって、

自分のところにいるのが一番幸せだったらいいなぁと、贅沢なことを考えてしまうのでした。

 

ではでは。