読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

さすぺんすには、がけがひつよう。

こんにちは。またまたイビキのお兄さんのイビキがうるさく、ずっとペチペチと叩いていた、不眠のゆきんこです。

 

今日はどうやら、サワラが私を探しているようです。

 

f:id:teshico17:20170228110544j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽ、どこに行ったの?マグロ缶が食べたいんだけれど」

 

f:id:teshico17:20170228110719j:image

サワラ「あら、いないわね。外にでも行ったのかしら?」

 

f:id:teshico17:20170228110939j:image

サワラ「ねぇ、自動餌やり湯たんぽがどこに行ったか知らないかしら?」

いわし「ぜんぜん、しりません。サワラ姐さんが、いじわるだから、いやになったのではないだろうか。」

 

f:id:teshico17:20170228111131j:image

サワラ「は?私のどこが、意地悪だって言うのよ」

いわし「こういうところだ。すぐ、ぼうりょくをふるうし。」

 サワラ「それは、アンタが無駄に失礼な事を言うからよ」

 

f:id:teshico17:20170228111335j:image

サワラ「落ち着いて、ちょっと推理をしてみるわ。アンタ、そういえば1度も鳴いてないわね?」

 

f:id:teshico17:20170228111756j:image

いわし「はい。ぼくはおとななので、なきません。」

 

f:id:teshico17:20170228111335j:image

サワラ「まず、それがおかしいのよね。アンタは、自動餌やり湯たんぽがいなくなると、ピーピー鳴くわ」

 

f:id:teshico17:20170228112132j:image

いわし「あっ。たしかに、とてもなく。たとえそれが、といれでも。」

 

f:id:teshico17:20170228112323j:image

サワラ「トイレくらい、ゆっくりさせてあげなさいよ。…以上のことから、まずアンタは自動餌やり湯たんぽがいなくなっていないことも、どこにいるのかも知っているはずよ」

 

f:id:teshico17:20170228112457j:image

いわし「サワラ姐さんは、あたまがよかったのか。やはり、みかけではんだんするのは、よくない。」

 

f:id:teshico17:20170228112649j:image

サワラ「バカ。私は見た目も頭が良さそうよ。…そしてその背景…何かひっかかるわ。…分かったわ。犯人は…」

 

f:id:teshico17:20170228112805j:image

サワラ「アンタね」

 

f:id:teshico17:20170228112849j:image

いわし「いえ。ぼくはちょっと、なにもしらない。」

 

f:id:teshico17:20170228112951j:image

サワラ「あのね、もう自動餌やり湯たんぽが映っちゃってるじゃない。アンタ、背中に乗っかってるでしょう。ここまできてしらばっくれても、何も得をしないわよ」

 

f:id:teshico17:20170228113131j:image

いわし「ぼくをうんでそだててくれた、たいせつなおかあさんに、そんなことをできるわけがない。」

 

f:id:teshico17:20170228113243j:image

サワラ「少なくとも、アンタを産んだのは自動餌やり湯たんぽじゃないわよ」

 

私「あぁ、すいません。急に眠気がきて…ちょっと眠っていました。2人ともケンカしないで、仲良くしていましたか?」

 

f:id:teshico17:20170228113428j:image

サワラ「ケンカしてないわよね?」

いわし「うわ、でた。すごい、おーらだ。さからうことができない。」

 

f:id:teshico17:20170228113620j:image

サワラ「今日はね、探偵ごっこをしていたのよ。もちろん探偵は私よ。頭がいいから」

 

私「そうなんですねぇ。楽しそうです。起きていればよかったですね。いわしさんは、何役ですか?近所の小学生役とか、合いそうですねぇ」

 

f:id:teshico17:20170302190359j:image

いわし「さつじんはんの、やく。これは、だれにでもできる、やくではない。」

 

私「いわしさんが、殺人犯の役を?…殺人事件ごっこをやっていたんですか?物騒ですねぇ。火サスですね」

 

f:id:teshico17:20170228114158j:image

いわし「かさす?」

 

私「火曜サスペンス劇場ですよ。だいたい、追い詰められた犯人が崖に行って、船越英一郎片平なぎさが犯人を優しく問い詰めるんです」

 

f:id:teshico17:20170228114449j:image

サワラ「そうだ、崖だわ。崖が足りなかったのよ。崖から突き落としてやればよかったんだわ」

 

私「サワラさん、冷蔵庫から降りて下さい。私もそこは届かないんです。

あと、船越英一郎片平なぎさは、突き落としたりしませんよ。たまに、犯人が自分で飛び込んだりしますけど。」

 

f:id:teshico17:20170228114917j:image

いわし「かようさすぺんすには、がけがひつようなのか。べんきょうになった。」

 

私「それよりも、もっと覚えてほしいことがたくさんありますけど…。人間のコップの飲み物を飲まない、とか、テーブルの上のコップを倒さない、とか…」

 

f:id:teshico17:20170228115206j:image

いわし「じゃじゃじゃ、じゃじゃじゃ、じゃ、じゃーーん」

 

私「いつも通り、寝ましたね。そして何故か、火サスの音楽を歌っていますね」

 

f:id:teshico17:20170228115432j:image

サワラ「気持ちよさそうに寝ているんだから、そのままにしてあげればいいじゃない」

 

私「サワラさん、いつになくいわしに優しいですね。私の目は誤魔化せませんよ。犯人には、ならないで下さいね」

 

f:id:teshico17:20170228115631j:image

サワラ「分かったわよ。早くマグロ缶をちょうだい」

 

私「それは、イビキのお兄さんが帰ってきてからですよ。いわしを隔離しないといけないですから。いわしを1人にすると、ピーピー鳴きますからね」

 

 

まさが自分が死体役になっていたとは思いもよらず、探偵ごっこは楽しそうだけど、みんなが楽しめる遊びをしていてくれたら嬉しいなぁ、と思うのでした。

 

ではでは。