読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

しらないところはぜんぶ、たんけんする。

こんにちは、新しい端末が大きいため、まだ慣れず誤入力が多発。指が短いゆきんこです。

 

どうやら、いわしが何かを企んでいるようです。

 

f:id:teshico17:20170224092816j:image

いわし「サワラ姐さんは、いまごはんをたべている。そのすきに、いつもサワラ姐さんがいるところの、たんけんをしよう。」

 

私「いわしさん!うしろをちゃんと見てください。あと、そこはサワラのとっってもお気に入りの場所なんですよ。おそらく、たいへん怒られます」

 

f:id:teshico17:20170224133457j:image

いわし「サワラ姐さんは、ここのなかに、とてもいいものをかくしている。」

 

私「あの〜…いわしさん…?早くどいたほうがいいですよ〜…もう遅いかもしれないけど…」

 

 f:id:teshico17:20170224133541j:image

いわし「なぜだろうか。なにもない。」

サワラ「当たり前よ」

 

f:id:teshico17:20170224133709j:image

いわし「あれ、いる。ごはんをたべていたはずなのに。はやぐいは、ふとるときいている。」

サワラ「アンタにダイエットの話をされるのは、とても腹が立つわね」

 

f:id:teshico17:20170224133954j:image

いわし「はやぐいして、ふとるよていのサワラ姐さん。そんなこわいかおをして、どうしたんだろうか。」

サワラ「アンタ、前から『サワラ姐さん』だけはカタカナと漢字を使えるのよね。姉の字が違うけど」

 

f:id:teshico17:20170224135122j:image

サワラ「…って、違う!アンタは私の湯たんぽを使って、私の災害をオモチャだと思って遊びまくって、ゆっくりご飯を食べる時間も奪って、挙げ句の果てに私が23時間くつろいでいる椅子まで奪うつもり!?」 

 

私「サワラさん、気持ちはとても分かりますが、お願いだから落ち着いてくださいよぅ。湯たんぽはまぁ分かりますけど、『私の災害』は、知らない人が読んだら意味不明ですよぅ」

 

f:id:teshico17:20170224140049j:image

サワラ「うるさい!前の記事を読めば分かるわよ!それにね、自動餌やり湯たんぽは、災害のイビキがあまりにもうるさいから、別の部屋で寝ているのよ!アンタが湯たんぽと一緒に寝るから、私は毎日轟音に耐えているのよ!」

 

私「サワラさん…それは、いわしがうちに来る前からの事です…」

 

f:id:teshico17:20170224140006j:image

サワラ「マジむかつく!ボコボコにしてやるわ!」

 

私「サワラさん、やめてくださいぃぃ」

 

f:id:teshico17:20170224140617j:image

いわし「あぁ、よくねた。しつがいいすいみんは、みじかいじかんでも、こうかがあるらしい。」

 

私「い、いわしさん、まさか寝てたんですか?サワラがあんなに怒っていたのに?」

 

f:id:teshico17:20170224141525j:image

いわし「はい。おはずかしながら、いわしは、ぐうぐうと、ねておりました。」

 

f:id:teshico17:20170224141723j:image

サワラ「その喋り方、すごく変よ。あと、アンタの言葉どおり、恥ずかしい場所が全部見えてるわよ。アンタの手は短いから、全然届いてないし」

 

私「あのぅ、サワラさん?さっき怒ってたのは、もういいんですか?」

 

f:id:teshico17:20170224142726j:image

サワラ「えぇ。私は大人だから。(誰も見ていない時に、ブン殴るわ)」

 

私「あのー…、いま、心の声が聞こえたような…気がするんですけど、気のせい…ですよね?」

 

f:id:teshico17:20170224142957j:image

サワラ「なんのことかしら。あ、たまには災害と2人で外食でもしてきたら?うちのことは、私が見ているわ」

 

f:id:teshico17:20170224143138j:image

いわし「がいしょく?ぼくもいきます。いえのごはんとは、ちがうものがたべられるという、あれですね。」

 

私「…その右手、どうなってるんですか?いわしさんは、まずお店に入れませんよ。ペットOKの店でも、猫を連れている人は見たことがありませんね」

 

 

サワラのこともあるし、外に出る時はいわしを連れ出したいなぁ…とも思ったのですが、子猫のうちは仕方がないようなので、これからも見守るしかありませんね。

 

ではでは。