読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

ねにもってます。

こんにちは、ゆきんこです。

 

今日は、弟がいわしやサワラとお話をしています。

 

弟「いわしはワクチンを打ちに行ってたんだね!おとなしくできてたみたいで、よかった」

 

f:id:teshico17:20170224145508j:image

いわし「ぎもんがある。サワラ姐さんは、どうしてびょういんにいけないのだろうか。」

 

弟「うーん、注射とかが怖いからじゃないかな?」

 

f:id:teshico17:20170224145618j:image

サワラ「ちょっといいかしら」

 

弟「はい!こんにちはです!」

 

f:id:teshico17:20170224145712j:image

サワラ「シスコンメガネ、アナタ今、私が何かを怖いと言ったかしら?」

 

弟「お注射…です…」

 

f:id:teshico17:20170224150008j:image

サワラ「あれは拷問よ!拷問は、怖いなんていうありふれた言葉では表現できないのよ!アンタは拷問に耐えられるっていうの!?」

 

弟「自分、注射は全然平気っス!」

 

f:id:teshico17:20170224150203j:image

サワラ「ふぅん。シスコンメガネは、猫になって、猫用の注射を打たれた経験があるってことなのね?」

 

弟「いや…そういうわけでは…」

 

f:id:teshico17:20170224150341j:image

サワラ「じゃあ、知った口を聞かないで頂戴!私は、人間を一部しか信用していないのよ。そんな人間が作った注射を人間に打たれるなんて、考えただけでゾッとするわ。アンタは、犬が作った注射を打っても平気なの?」

 

弟「でも、犬に、そんな技術はないのでは…」

 

f:id:teshico17:20170224150659j:image

サワラ「例え話よ。そんなことも分からないのかしら。バカと話していると嫌になるわ」

 

弟「すいませんでした!…でも、いわしは注射が大丈夫だったんですよね?注射が痛くないっていう猫の意見だったら、信用してもいいのでは?」

 

f:id:teshico17:20170224150941j:image

サワラ「痛い痛くないの話をしてるんじゃないの。話をすり替えないで。

アイツはバカだから、私みたいに深く考えていないんでしょう。あと、人間が好きだから平気なんじゃないの?一緒にしないで。」

 

弟「すみませんでした!」

 

f:id:teshico17:20170224151304j:image

サワラ「次に変な事を言ったら、アンタんちの犬に注射を作らせて、アンタに打つわよ」

 

f:id:teshico17:20170225122615j:image

弟んちの犬「注しゃ用の水はははは、ここから取ってくればいいのかななな?あととと、牛にゅうと、おさとうももも、入れた方がいいよねねねねねねね?」

 

弟「ひぃ!気をつけます!…ひどいのが…出来上がりそうですね…」

 

f:id:teshico17:20170224151445j:image

サワラ「あぁ、注射の話なんかしているから、半分が白髪になってしまったわ」 

 

私「サワラさん。それは、近所をウロウロしている猫ですよ。サワラさんはすこーし茶色の部分があるけれど、毛並みがすごぉぉおおおく綺麗で、撫でるとすっごぉおおおおおおく気持ちいい、黒猫です。」

 

f:id:teshico17:20170224151838j:image

いわし「サワラ姐さんのけなみは、きもちいいのか。こんど、さわらせてもらおう。」

 

私「無理だと思いますよ。サワラは野良猫でしたけど、とっっても毛並みがいいんです。いわしは毛並みでは勝てません。あと、声も可愛いですし、私が悲しい時は必ず慰めにきてくれる、とっても優しい子なんですよ」

 

f:id:teshico17:20170224152216j:image

いわし「にんげんだれでも、いがいないちめんをもっている。」

 

f:id:teshico17:20170224152317j:image

サワラ「余計なお世話よ。私は猫だし。それに自動餌やり湯たんぽも喋りすぎよ」

 

私「サワラさんすみません、今後は気をつけますね」

 

 

いわしが来た今でも、私に異変があると来てくれるサワラ。

とっても優しい、自慢の子です。

…ちょっと考えすぎなくて、他の人や猫にも甘ければもっと。

…っていうのは、欲張りすぎですね。

 

ではでは。