読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

けーきがたべたい。

こんにちは、ゆきんこです。

 

いわしがまた、イタズラをしているようです。

 

f:id:teshico17:20170222000230j:image

いわし「このみずは、ふろうふしのみずだ。」

 

私「人間のコップはダメですよ。いわしさんは、まだ赤ちゃんじゃないですか。不老のことは気にしなくていいんじゃないですか?」

 

f:id:teshico17:20170222000429j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽも大変ね。私は人間のコップに入っているものを飲もうとしたりしないわ」

 

私「…サワラさんは、クリームが入ったドーナツやケーキを、一瞬でかっさらっていきますけどね」

 

f:id:teshico17:20170222000644j:image

サワラ「だって、あれは私のものだからよ。3つも買ってきて、私のものが1つもないなんておかしいわ」

 

私「ですから、人間用のクリームは、サワラさんにとって悪いものなんですよぅ」

 

f:id:teshico17:20170222001138j:image

サワラ「美味しいんだから、それでいいじゃない。私はクリームが食べられない人生なんて嫌よ。人間がタバコを吸ったりお酒を飲むのと一緒でしょ?あと、私の言うことを聞かない人間も嫌いよ」

 

 f:id:teshico17:20170222001307j:image

いわし「やっほー。きょうは、てれびのうらからでてきてみました。」

 

私「あ、いわしさん。どこにいったのかと思ってたら、そんなところにいたんですね。あと、今どき『ヤッホー』は古いと思いますよ」

 

f:id:teshico17:20170222001427j:image

いわし「じゃあ、こんばんみー。きょうは、さぷらいずをねらった。」

 

私「それも古いですし、今はお昼ですよ。サプライズですか、確かにびっくりしました」

 

f:id:teshico17:20170222001539j:image

サワラ「私はアンタが出てくることによってイライラするから、全然嬉しくないわ。だからサプライズは失敗ね」

 

f:id:teshico17:20170222001642j:image

いわし「ねぇねぇ、ちょいと、いいはなしがある。」

サワラ「アンタのいい話がいい話だった試しがないから、断るわ」

 

f:id:teshico17:20170222001823j:image

いわし「サワラ姐さんは、ほんとうにひとのはなしをきかない、わるいねこだ。ケチだし。」

 

 f:id:teshico17:20170222001945j:image

サワラ「Shut Up!! このクソガキが!アンタの方が会話も全然通じないし、人の話も聞かないじゃない!Fack you!!」

 

f:id:teshico17:20170222002412j:image

いわし「ああおそろしい。なんだかよくわからないおうべいのことばをつかっているけど、ふんいきはつたわる。ぼくは、いためつけられるにちがいない。」

 

私「いわしさん、今回は助けてあげるので、言うことを聞いて下さい」

 

f:id:teshico17:20170222003022j:image

いわし「はい。」

 

私「ひとつめ。サワラ姐さんがご飯を食べたり寝ている時に、襲撃するのはやめてください」

 

f:id:teshico17:20170222003237j:image

いわし「はい。ちがうときに、しゅうげきします。」

 

私「本当は襲撃もやめてほしいですが…

ふたつめ。この家で一番偉いのは、サワラ姐さんです。姐さんの言うことは、必ず聞いて下さい」

 

f:id:teshico17:20170222003628j:image

いわし「はい。しかとこころえた。」

 

私「という訳でサワラさん、今回だけ許してくださいませんか?」

 

f:id:teshico17:20170222003803j:image

サワラ「仕方ないわね。聖母マリアになったつもりで我慢するわ。ところで話ってなによ」

いわし「はい。ほんだいにはいります。なんと、このよには、ねこようのけーきが、あるらしい。」

 

f:id:teshico17:20170222004023j:image

サワラ「なんですって?それはどこに売っているのかしら」

 

f:id:teshico17:20170222004116j:image

いわし「ひっくりがえって寝るのは、とても良いことだ。」

 

f:id:teshico17:20170222004259j:image

サワラ「こら、起きなさい。そして続きを話しなさい」

 

私「サワラさん…いわしは、1回寝たら忘れます…ケーキの事も…さっきの約束も…」

 

f:id:teshico17:20170222004507j:image

いわし「こころにだむは、あるのかい。」

 

f:id:teshico17:20170222004825j:image

サワラ「チッ。完全に寝てるわね。猫用のケーキなんて作り話でしょ。

アイツは夢の中で、『ひとつ屋根の下2』でも見てるんでしょうね。起きたらダムに落としてやるわ」

 

私「やめてください。私は好きでしたよ、あのドラマ。」

 

 

…なぜ、いわしが猫用のケーキの存在を知ったかは分かりませんが…

(本当にあるのです)

 

サワラにバレたら、毎日買ってきなさいと言われそうなので、もうすこし秘密にしておきます。

 

ではでは。