読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

私には秘密があるのよ

こんにちは。

猫の写真を撮りすぎてiPhoneの容量がなくなり、とうとう256GBを導入したゆきんこです。

 

今日はサワラが何か、物申したいようです。

 

f:id:teshico17:20170221072806j:image

いわし「きょうのばんごはんは、なんでしょうか。」

 

私「いつものご飯ですよ。それよりいわしさん、うしろ…」

 

f:id:teshico17:20170221072940j:image

いわし「たまには、もっとたかくておいしいものをたべるというのは、どうだろうか。」

 

 私「いわしさんが食べているご飯は、健康に良くて、美味しくて、そして高いやつですよ。それよりも、うしろ…」

 

f:id:teshico17:20170221073148j:image

いわし「たとえば、うなぎをたべてみたいとおもう。」 

 

私「う!し!!ろ!!!!」

 

f:id:teshico17:20170221073321j:image

サワラ「なんでそんなに人の話を聞かないのかしら。本当に不愉快だわ」

 

私「サワラさん、さっきからこっちを見ていましたよね。私は気づいていましたよ」

 

f:id:teshico17:20170221073614j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽが気がついても、全然意味がないのよ」 

 

私「いわしさんと話がしたいんですか?分かりました、場を設けましょう」

 

f:id:teshico17:20170221073744j:image

いわし「えっと、なにかはなしがあるときいてきました。」

サワラ「いいわ。そこに座りなさい」

 

f:id:teshico17:20170221073926j:image

いわし「ちょっと、おーらがまぶしすぎる。ぼくかえります。」

サワラ「勝手に帰るんじゃないわよ。待ちなさいバカ」

 

f:id:teshico17:20170222130509j:image

いわし「すいません。ぶかつがあるのでしつれいします。」

 

私「部活?何部に入っているんですか?」

 

f:id:teshico17:20170221074432j:image

いわし「おどるやつ。」

 

私「ダンス部ですか。いわしさん、寝ると必ず踊りのポーズになっちゃいますもんね」

 

f:id:teshico17:20170221074605j:image

いわし「おきていても、おどることができる。」

 

私「すごいですね。その踊りも、ダンス部で習ったんですか?」

 

f:id:teshico17:20170221074827j:image

いわし「そう。これが、さいしょのぽーず。」

 

f:id:teshico17:20170221074932j:image

いわし「そのつぎは、こうする。」

 

f:id:teshico17:20170221075224j:image

サワラ「ちょっと、私の話はどこにいったのよ」

 

f:id:teshico17:20170221075842j:image

いわし「サワラ姐さんなら、かってにしゃべるとおもった。」

 

f:id:teshico17:20170221075923j:image

サワラ「…悔しいけど当たってるわ。こいつ成長したのかしら」

 

f:id:teshico17:20170221080120j:image

サワラ「あーあ。とっても美味しい話なのに、逃げて聞かないなんて勿体ないわね」

 

f:id:teshico17:20170221080424j:image

いわし「おいしいはなし?ききます。」

サワラ「もう遅いわよ」

 

f:id:teshico17:20170221080545j:image

いわし「うわー。けちだ。サワラ姐さんは、けちのさいぼうからつくられている。」

サワラ「は?そんな細胞ないわよ」

 

f:id:teshico17:20170221080120j:image

サワラ「フン。じゃあ、私はすっごく優しいから、特別に教えてあげる。実はね……」

 

f:id:teshico17:20170221081101j:imagef:id:teshico17:20170221081117j:image

サワラ「アンタと災害を別部屋に隔離して、私だけ毎晩、自動餌やり湯たんぽから高級マグロ缶をもらっているのよ。約束したから。どう?喉から手が出るほど羨ましいでしょう?」

 

f:id:teshico17:20170221081316j:image

 

私「すいませんサワラさん、いわし寝てます」 

 

f:id:teshico17:20170221081436j:image

サワラ「…せっかく教えてやったのに。コイツすぐ寝るわよね」

 

…猫缶は、サワラさんの日々のストレスを少しでも解消してあげるために始めたものなのですが、いわしには知られたら面倒だなぁ、と思うのでした。

 

ではでは。