読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

びょういんって、おいしいの?

こんにちは、ゆきんこです。

今日はいわしにとって、少し緊張する日です。

 

f:id:teshico17:20170222202638j:image

いわし「ひるねは、とてもきもちいい。」

 

私「いわしさん、起きてください。病院に行きますよ。今日はワクチンの日です」 

 

f:id:teshico17:20170222013912j:image

サワラ「病院?そんな恐ろしい言葉、聞くだけで嫌気がさすわ」

 

私「あの…先生たちも、サワラさんにはかなり困惑していますけど…」

 

f:id:teshico17:20170222014115j:image

サワラ「何よ。この世の物とは思えない程恐ろしいから暴れてるだけじゃない」

 

私「あんまりにも暴れて注射も打てないから、サワラさんには家で安定剤を飲ませて、落ち着いたら来てくださいって言われてるんですよ」

 

f:id:teshico17:20170222014320j:image

サワラ「あらそう。安定剤とやらが入っているものは食べないことにするわ」

 

私(病院のときだけ、好物の猫缶に混ぜていることは黙っておこう…)

 

私「それにしても、蒼ちゃんはピクリともせず、全く鳴きませんでしたよ」

 

f:id:teshico17:20170222014620j:image

サワラ「あの子は極端にビビりなのよ。おとなしかったのも、ビビりすぎて固まってただけでしょう」

 

私「う…そのとおりです。先生には、おとなしい子だねって褒められましたけど…ただひらすら、おびえて声も出ないって感じでした」

 

f:id:teshico17:20170222120756j:image

私「はい、いわしさん、出発ですよ」

いわし「???」

 

f:id:teshico17:20170222202809j:image

サワラ「行ってらっしゃい。思いっっ切り、苦しむといいわ」 

 

〜1時間後〜

 

f:id:teshico17:20170222120957j:image

いわし「サワラ姐さん、ただいまかえりました。」

 

f:id:teshico17:20170222121101j:image

サワラ「え?アンタ普通にしてるじゃない。」

いわし「はい。」

 

f:id:teshico17:20170222142414j:image

いわし「いくときは、すらむがいにつれていかれるのかとおもって、ピーピーないてしまった。はずかしい。」

 

私「スラム街?むしろどこに連れていけばいいのか分かりませんね」

 

f:id:teshico17:20170222121505j:image

サワラ「でも、病院には他の人間や犬や猫もいるでしょう」

 

f:id:teshico17:20170222144517j:image

いわし「ちょうでかい、いぬがいた。ママよりもおおきい。あれはまじでむり。」

 

f:id:teshico17:20170222122005j:image

サワラ「そうよね。犬は怖いわよ。あの大きい口と牙で食べられるのよ」

 

私「サワラさんが会ったことあるのは、柴犬じゃないですか。黒柴

今日いわしが会ったのは、大型犬の中でも超大型です。人間くらいデカいやつです」

 

f:id:teshico17:20170222142434j:image

サワラ「あ…頭がクラクラしてきたわ」

 

f:id:teshico17:20170222142528j:image

いわし「それいがいは、いたってふつうだった。おじさんもやさしくて、ちゅうしゃとつめきりと、けんさをした。

かえりみちは、いえにかえるだけだから、ないていない。」 

 

f:id:teshico17:20170222142654j:image

サワラ「注射に爪切り!?なんてむごい拷問なのかしら!理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能」

 

f:id:teshico17:20170222142734j:image

いわし「すいません、サワラ姐さんのあたまが、おかしくなりました。」

 

私「そんなこと言うんじゃありません。サワラさんは、いわしが病院へ普通に行けることが羨ましいんですよ」

 

f:id:teshico17:20170222142919j:image

いわし「ふつうに、いけばいいのに。」

 

f:id:teshico17:20170222143040j:image

サワラ「あああああのガキに負けるなんて有り得ないし頭痛がするし寒気もするから熱があるかもしれない」

 

私「サワラさん、風邪ですか?今すぐ病院に行きましょう!」

 

f:id:teshico17:20170222143316j:image

サワラ「びょう…い…ん…?」

 

f:id:teshico17:20170222143424j:image

サワラ「…コホン。あ、もう全然平気よ。どこも悪くないわ」

 

いわしが病院でいい子にしてくれたのは嬉しかったですが、

サワラさんを病院に連れていくような事が起きなければいいのにな、と思うのでした。

 

ではでは。