読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

にゃーとなかないけど、ねこのひ。

今日は猫の日ですね。

こんにちは、ゆきんこです。

 

何やら2匹が、相談しているようです。

 

f:id:teshico17:20170220153237j:image

いわし「ちょいと、おたずねします。」

サワラ「……」

 

f:id:teshico17:20170220153324j:image

いわし「そこのかわいいおねーさん、5ふんだけでいいから、はなしきいてよー。」

サワラ「……」

 

f:id:teshico17:20170220153416j:image

いわし「なんということでしょう。あじあんていすとのいすに、くろねこがすわりこみ、むしをきめています。これぞたくみのわざです。」

サワラ「やめなさいよ。私はあの番組が嫌いなのよ」

 

f:id:teshico17:20170220155227j:image

 いわし「そんなことをいっていると、いいことをおしえてあげません。」

 

f:id:teshico17:20170220155343j:image

サワラ「いいことってなによ。どうせロクなことじゃないんでしょうね」

 

f:id:teshico17:20170220155456j:image

いわし「とってもいいことです。」

サワラ「いいから早く言いなさい」

いわし「はい。」

 

f:id:teshico17:20170220155705j:image

いわし「きょうは、ねこのひです。」

 

f:id:teshico17:20170220155750j:image

サワラ「え?私は毎日猫よ」 

 

私「サワラさん、今日は2月22日なので、ニャンニャンニャン、ということで猫の日なんですよ」

 

f:id:teshico17:20170220155955j:image

サワラ「ねぇ、私はニャンニャンニャンとかいう鳴き方をしないわ。それでも猫の日の恩恵を受けられると思う?」

いわし「ぼくは、ピーとかピャーとかいうけれど、なにかもらえるとおもう。」

 

私「確かに2人とも、ニャーって言いませんよね。前にいた蒼ちゃんも、『あ゛ーーーー』って鳴いてましたから」

 

f:id:teshico17:20170220160448j:image

サワラ「ぬか喜びしたくないから、自動餌やり湯たんぽが何か隠しそうなところを見てみることにするわ」

 

f:id:teshico17:20170220160608j:image

いわし「サワラ姐さんがさがしてくれているから、ぼくはべっどでやすむことにしよう。」

 

f:id:teshico17:20170220160757j:image

サワラ「怒るわよ。私は高いところに登ることができるから、アンタは低いところを探しなさい」

 

f:id:teshico17:20170220161001j:image

いわし「はい、せんせい。」

 

f:id:teshico17:20170220161040j:image

サワラ「誰が先生よ。…ここの中に、何か隠れてるんじゃないでしょうね?」

 

私「サワラさん、考え方が段々といわしに似てきていませんか?」

 

f:id:teshico17:20170220161211j:image

サワラ「うるさいわね、点検するだけよ」

 

f:id:teshico17:20170220161254j:image

サワラ「探したけど全然ないわ。アンタは何か見つけた?」

いわし「なんにもみつけてません。」

 

私「ちょっと、なんで玄関で猫端会議してるんですか」 

 

f:id:teshico17:20170220161540j:image

いわし「なにもなかった。やはり、にゃーとなかないと、もらえるものも、もらえないらしい。」

 

私「いびきのお兄さんが、何か買ってきてくれるんじゃないですかね」

 

…サワラが一生懸命探しているなか、いわしがほとんど寝ていたことは、黙っていてあげようと思ったのでした。

 

ではでは。