読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

じぶんさがしの、たびにでる。

こんにちは。

災害…じゃなくて、イビキのお兄さんの轟音で睡眠不足のゆきんこです。

 

今日は、いわしがうちにきてすぐの話をします。

 

f:id:teshico17:20170215000021j:image

いわし「ここはどこだろうか。」

 

私「そこは、新しいおうちのトイレですよ。」

 

f:id:teshico17:20170215000112j:image

サワラ「トイレならここにあるじゃない。それにしても、私そっくりのマットを買ったわね。褒めてあげるわ」

 

私「いや、それは人間用のトイレでして…。それよりもサワラさん、台所のシンクじゃなくて、猫砂のトイレで用を足してもらえないでしょうか?」

 

f:id:teshico17:20170215000347j:image

サワラ「嫌よ。他の猫が使ったトイレは使わない主義なの」 

 

私「そうだと思ってトイレを沢山買ったら…他の子が珍しがって全部使っちゃうもんだから、結局サワラさんはシンクしか使えないんですね」

 

f:id:teshico17:20170215000537j:image

サワラ「自動餌やり湯たんぽにしては、頭が回るじゃない」

 

f:id:teshico17:20170215000622j:image

いわし「ここはとてもよいところだ。」

 

私「いわしさん、そこトイレですからね。ちゃんとこまめに掃除してますけど、トイレですからね」

 

f:id:teshico17:20170215000741j:image

いわし「しごとおわりのびーるは、うまいなぁ。」

 

f:id:teshico17:20170215000832j:image

いわし「あれ、でられない。」

 

f:id:teshico17:20170215000941j:image

いわし「だるしむのまねをしよう。」

 

私「いわしさん、ちょっとだけ我慢して下さいね、すぐに出してあげますから。向こうの部屋には、サワラ姐さんというボスがいるんですよ、とても怖いんです」

 

f:id:teshico17:20170215001208j:image

サワラ「は?私は怖くしてるつもりはないわよ。いつだって正論を述べているだけよ」

 

私「サワラさん、たまに正論通り越して、ただのワガママになっ…あ、すいません…そうだ、いわしのケージ開けてきます」

 

f:id:teshico17:20170215001411j:image

いわし「しゃばのくうきはうまい。たんけんしよう。」

 

私「いわしさん、意味わかって使ってます?」

 

f:id:teshico17:20170215001615j:image

いわし「きっと、このおくに、ざいほうがねむっている。」

 

f:id:teshico17:20170215001720j:image

サワラ「そこは私も見たけど、コードも太くて噛めそうにないし、全然つまらなかったわ」

 

f:id:teshico17:20170215001936j:image

いわし「ぱそこんがある。かぶをはじめて、おおもうけしよう。」

 

f:id:teshico17:20170215002049j:image

サワラ「私もパソコンを触ってみたけど、あれは難しいわよ」

 

私「サワラさん、それって、昔私がmixiで日記を書いていたとき、サワラさんがパコソンの上に乗ってしまって、変な文字をたくさん羅列した時の話ですよね?」

 

f:id:teshico17:20170215002418j:image

サワラ「それは、記憶にないわね」

 

f:id:teshico17:20170215002520j:image

いわし「たんけんがおわったから、じぶんさがしのたびにでる。」

 

 f:id:teshico17:20170215111706j:image

いわし「たくさんかむと、あたまがよくなる。」

 

私「だめです!感電しちゃいます!」

 

いわし「あたまがよくなりたいので、かみつづける。」

 

私「仕方ありませんね…」

f:id:teshico17:20170215111854j:image

これで、我が家のコードには全て保護カバーが巻かれ、部屋の見た目が少し悪くなりました。

 

いわしが賢くなって、コードを噛まないようになってくれたら、一番嬉しいですね。

 

ではでは。