読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしな猫との日常会話レッスン

毎日猫たちと会話して生活しています。

ぼくはおるすばんがむり。

寒い。

あ、こんにちは。ゆきんこです。

 

今日も、猫たちは元気です。

 

いわし「きょうは、サワラ姐さんの寝込みをおそってみよう。」

私「やめなさい。怒られるよ。」

いわし「でも、おもしろそうだからやる。」

 f:id:teshico17:20170211171612j:image

サワラ「シャーーーーッッッ!(怒りすぎて声にならない)」

 

いわし「おこられた。」

私「そうだろうね。じゃあ買い物に行ってくるね」

いわし「えっ?」

私「えっ?じゃないでしょ。もうすぐイビキのお兄さんが帰ってくるから、ご飯を作るんだよ。」

いわし「ぼく、おるすばんとか、ちょうむり。」

サワラ「あんた、留守番もできないでどうやって生きていくわけ?私なんか、野良猫だった時代は人間なんか逆にお断りだったわよ。」

いわし「…???」

f:id:teshico17:20170210141021j:image

 

心を鬼にしてスーパーへ出かけて、ご飯を作り出すと、いわしは私の足をずっと踏みながら料理の手伝い(邪魔)をしてくれました。

…うん、ありがとう。

 

ただ、イビキのお兄さんが帰ってきて、私がゴミを捨てに行ったら、いわしはピーピー鳴いていたそうです。

 

ザコン息子を独立させるには、まだ時間がかかりそうですね。